ワンちゃんが熱中症になったあと、病院に連れて行ったのにも関わらず、体調が良くならない・・・それはもしかしたら熱中症による後遺症かもしれません。ワンちゃんの熱中症は重症化してしまうとそれが後遺症として残ってしまう可能性もあります。
とても怖い後遺症について、どんなものがあるのか見ていきましょう。

 

 

 
※この記事と併せて読むならこちらの関連記事もどうぞ。

愛犬にこんな症状が出たら熱中症かも!?

注意!愛犬のサマーカットそれで大丈夫?

愛犬のマダニが!どうやって取るの?

愛犬のマダニ予防の方法は?

熱中症はこう進む

初期症状

熱中症の初期症状は荒いパンティングです。日中に散歩をしたあとなどにこのパンティングが止まらないようならそれは熱中症かもしれません。
このときに気が付ければ冷たいタオルで拭いてあげたり、冷たい水をたくさん飲ませてあげたりしてクールダウンしてあげることができます。

中期~重度の症状

充血・口粘膜が赤くなったり、ぐったりと元気がなくなってしまいます。また、大量のよだれが出る、嘔吐、下痢、吐血、筋肉の震えやけいれんなどは中度~重度の症状です。この状態になってしまうと、動物病院で速やかに処置を受けなければ死に至るケースもあります。

身体へのダメージ

ワンちゃんの通常時の体温は36℃~39℃ほどなので、40℃を超える高体温になると身体に様々なダメージを引き起こします。体温が43℃を超えてしまうと、タンパク質が永久的に損傷してしまいます。ゆで卵が元に戻らないのと同じ現象ですね。
更に、十分な呼吸ができなくなり、酸素を取り込むことのできない低酸素状態となります。
その状態が長く続くと脳浮腫や不整脈になり、多臓器不全を引き起こしてしまうため大変危険です。

後遺症の恐ろしい症状

後遺症により、どのような症状を引き起こしてしまうかは、どの部位にダメージが残ったかによって変わってきます。
その後遺症の症状を細かく見ていきましょう。

肺炎

体温が高くなると、パウンティングがどんどん荒くなっていきますが、このとき肺や心臓にものすごい負荷がかかっています。そのため、熱中症が治ったあとも暫く肺炎に悩まされることがあります。肺炎になると食欲不振やすぐに疲れやすい身体になってしまいます。

腎不全(腎障害)

熱中症により脱水症状になると、血圧が一気に低下するため臓器への栄養不足となってしまいます。この状態が長引くことにより、様々な臓器がダメージを受けますが、中でも腎臓が1番厄介です。

腎臓に負荷がかかることによりまず急性腎不全を引き起こしてしまいます。まだこの段階であれば治療をして元気な姿に戻ることもできますが、急性腎不全から慢性腎不全へと症状が進んでしまう場合があります。
熱中症が長引くほどダメージは進行し、慢性腎不全になった段階では既に3/4以上の機能が役割を果たさなくなってしまいます。
腎臓は1度でもダメージを受けると回復することはありません。そのため、後遺症としてずっと抱えてしまうことになるのです。

心不全

前述したように荒いパウンティングは心臓にも強い負荷がかかります。そのダメージが強いと心不全を起こしてしまうこともあります。心不全となる部位が心臓ということもあり、根本的な治療がとても難しいです。
熱中症になってしまった際は心臓へ負荷をかけないようにする応急処置をしてあげる工夫も必要です。心不全が進行すると失神したり、チアノーゼになることもあります。

脳障害(神経障害)

長引く熱中症により、栄養や酸素が不足すると脳の神経にダメージが出てきます。脳への後遺症はかなり大きく、最悪の場合、命を落としてしまう場合もあります。

なぜ重症化してしまうの?

初期症状に気付きづらい

先ほど挙げたような初期症状は、ワンちゃんによっては非常に気付きづらいものです。ただ遊びすぎて疲れているのか、熱中症で疲れているのかなかなか判別がつきません。
また、熱中症対策を十分にしていても熱中症になってしまうワンちゃんもいるため猶更です。特に夏の時期はこまめにワンちゃんの体温を計り、熱中症になっていないかの確認をしてあげることが重要です。

24時間ワンちゃんのそばにいれるわけじゃない

専業主婦などで家を離れることの少ないご家庭ではワンちゃんの熱中症にすぐ対応することができます。しかし共働きで子供も学校へ行っているなどで日中の時間、家にワンちゃんが1匹になるご家庭も少なくはありませんよね。
このようなときに熱中症になってしまうと、すぐに発見をしてあげることができません。家に帰ってきた頃には中度の熱中症になってしまっていた・・・なんてこともあります。
そのためにも、熱中症対策としてできる最大限の対策をしてワンちゃんを守ってあげましょう。

熱中症になりやすいワンちゃんには特に注意

ワンちゃんは暑さに弱い生き物

ワンちゃんには汗腺が主に肉球にしかないため、体温調節がとても苦手です。そのため暑くなると舌を出してパンティングを行い、唾液を蒸散させたときに出る気化熱で体温を下げます。
体温調節のほとんどを呼吸に頼らなくてはならないため、高温多湿の環境にとても弱いです。特に水分を十分に飲むことのできない場合や排尿を我慢してしまう環境になってしまうと熱中症になるリスクが高まってしまいます。
ワンちゃんにとって過ごしやすい気温は23℃~29℃、湿度は50%~60%が理想です。ワンちゃんの過ごす環境はなるべくそれに近くしてあげましょう。

熱中症になりやすい犬種

短頭種
シーズー、ペキニーズ、パグ、ブルドッグなどの短頭種のワンちゃんは身体の構造上、スムーズな呼吸がしづらく、暑いほどさらに呼吸のしづらさが悪化するため、熱中症になりやすい傾向にあります。

子犬や老犬
子犬や老犬は体の生理機能が未発達であったり、逆に衰えていることが多かったりで体温調節が上手くできないため、成犬に比べて注意が必要です。

肥満気味
肥満気味のワンちゃんは皮下脂肪が断熱材となってしまい体内に熱がこもりやすく、心臓にも負担がかかっています。その上、首のまわりの脂肪によって気管が圧迫されて呼吸機能が低下し、呼吸による体温調節が難しくなるため、熱中症になりやすい傾向があります。

北方が原産の種
シベリアンハスキーやサモエド、ポメラニアンなど原産国が北方のワンちゃんは被毛が他の犬種に比べて厚く、生まれつき暑さに強い体質ではありますが、気付かぬうちに熱中症になってしまうことがあります。

 

上記のような犬種の場合は特に注意が必要ですね。ワンちゃんの熱中症は人間の熱中症と同じか、それ以上のリスクがあります。よく夏にエアコンを付けていたのにお年寄りの方が亡くなってしまったという話を耳にしますが、それはワンちゃんにとっても例外ではありません。

大切な家族をきちんと守ってあげるためにもワンちゃんが快適に過ごせるような環境を作ってあげてください。熱中症の後遺症が残ってしまってからでは遅いですよ。今からできる最大限の対策をしてあげて、ワンちゃんのことを守ってあげましょう。


スポンサーリンク

 

関連記事