くしゃっとした顔に、大きく丸い瞳が印象的なパグ。その独特の可愛らしさに魅せられる人も多く、流行を問わず安定した人気を誇っています。しかしパグがよくペットとして選ばれる理由は、その見た目だけではありません。性格面でも温厚な子が多く、無駄吠えも少なく、ペットとして飼いやすいと言われています。その育て方やしつけについて、一緒に見ていきましょう。

 

※こちらの記事も参考にしてみてください。

犬のしつけはどうして必要なの?いうことを聞かせたらかわいそう?

パグの性格は?

パグは穏やかで明るく、社交的な性格です。犬のなかでも、どちらかといえば静かで落ち着きがあるタイプ。少し頑固でワガママなところもありますが、攻撃的なところはありません。また平和主義であるため、小さな子どもがいる家庭でも飼いやすいと言われています。

“ワクチンを終え、飼いやすさバツグンの犬種・・パグのチロリン。もうすぐ生後半年を迎えますが、かなり小柄で性格もとっても明るくおすすめです。なつっこくて、お客様にも大人気!”

引用:ペットショップの徒然日記
http://tpsinmatudo.blog31.fc2.com/blog-entry-2233.html

“家族の喧嘩、夫婦喧嘩が大嫌い!喧嘩がはじまると、家具の後ろやテーブルの下へ逃げて隠れてしまいます。そんなパグの姿をみると…喧嘩を続ける気にはなりません。すぐに仲直り。愛犬パグのために、家族仲良くあろうと心がけるので、穏やかな家庭になりますよ。”
引用:パグpugぶろぐ。
http://pug89blog.com/2017/06/27/%E3%83%91%E3%82%B0%E3%81%AF%E9%A3%BC%E3%81%84%E3%82%84%E3%81%99%E3%81%84%E3%81%8B%E3%81%A9%E3%81%86%E3%81%8B%E3%80%82%E3%83%91%E3%82%B0%E3%81%AE%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%87/know-the-pug/%E3%83%91%E3%82%B0%E3%81%AF%E9%A3%BC%E3%81%84%E3%82%84%E3%81%99%E3%81%84%E3%81%8B%E3%81%A9%E3%81%86%E3%81%8B%E3%80%82%E3%83%91%E3%82%B0%E3%81%AE%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%87.html

なかには、食べることにしか興味がない、人懐っこいのかと思ったらそうでもない、というクールなパグもいるようです。この辺りは、幼少期の飼い主さんとの関わり方によるものなのかもしれません。ただ、そんな子でもやはり性格は穏やかで、落ち着いているそうです。

物覚えはいいの?子犬のトイレトレーニングについて

犬は基本的に賢い生き物なので、特に「頭がいい」と言われる犬種でなくても、きちんと正しいしつけをすれば、トイレは覚えることができます。
パグに限らず、犬にトイレを覚えさせるポイントは次のとおりです。

寝床とトイレを一緒にしない

ゲージのなかにベッドとトイレの両方を入れて、それでしつけができている人もいますが、あまりオススメはできません。もともと犬は寝床から離れた場所をトイレにする習性があります。これは、本能的に身を守るための慣習で、かつて野生だった犬の祖先が、トイレを遠くにすることで襲ってくる天敵に寝床を気づかれにくくするためだったと言われています。

“ケージの中にシーツを敷くのはやめた方がよいかと。犬の習性として、寝床に排泄しない習性があります(昔は巣穴の外に出て排泄していたたらしいので)”
引用:Yahoo!知恵袋
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1087145255

子犬のころはつきっきりでトイレを教えて

パグがトイレ以外のところでしそうになったら、すかさず邪魔に入ります。このとき怒る必要はなく、ちょっと邪魔をするだけで十分です。そして、トイレまで自分で行くよう誘導していきます。時間と根気がいることですが、これは覚えるまでの短い期間だけなので、近くで見ていてあげてくださいね。

“邪魔すればよいです。と言ってもやった後からでは遅すぎ。やる寸前がベストでやっている途中でもOKです。で、叱るという事ではなくてウンチやオシッコの邪魔をしてやればよい訳です。その邪魔される事が犬にとってはとても嫌な体験になります。ダメ行為の矯正はその行為の邪魔をしてイヤな経験をさせる事が基本です。
またやる寸前であればトイレ場所に誘導してやればよいのです。その誘導というのが皆さんが勘違いされているのですが連れて行くのではなくて自分で歩かせて行かすのです。後ろから押したり違う方向の行く手を遮ったりして。自分で歩かせる事によってトイレの場所を認識して行きます。
そして上手く出来たら大喜びで褒めてやればよいです。おやつは不用ですね。で、その褒めてやるとは恥ずかしいくらいにオーバーアクションで飛び上がりながらハグハグしてやって頬づりしてやってナデナデしてこぼれる様な笑顔で褒めてやる事。自分がアホになった感じで大喜びして褒めてやればよいです。犬にとっても最大のご褒美は飼い主が大喜びする事です。”
引用:Yahoo!知恵袋
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1234829267

時々失敗するだけなら、何か理由があるのかも

きちんとトイレができるようになった子でも、かまってほしくてわざと失敗したりする子もいます。ある程度できるようになってから失敗した場合は、「しつけがまだ十分にできてないのかな」と結論付けるのではなく、理由をよく考えてみるのもいいかもしれません。

“家の場合も子犬の頃トイレ早く覚えほぼ完璧なのに、注目して貰いたくて失敗していた時期がありましたよ(人とずっと話していたりすると。。やられてましたね><)”
引用:Yahoo!知恵袋
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1094374010

散歩はどんな感じ?

パグは、元々狩猟犬ではないため、それほど長時間の運動を必要としません。また先天的に気道が狭い子もいて、無理をさせると弱ってしまうこともあります。もちろん散歩は必須ですが、あまり長く出る必要はありません。もし散歩自体に全く行きたがらない子がいれば、一度獣医さんに相談してみましょう。

あまり長時間歩かせない

パグの散歩は30分もすれば十分です。もしそれで物足りない子がいたら、体に無理をさせないために、しばらく時間を置いてもう一度散歩に行くのがオススメです。

“パグは心臓が弱い固体が多いと獣医師さんに言われました。確かに散歩中に失神した事があってそれから散歩は止めました。”

“気管に障害があり、あまり体が丈夫でないので本能でセーブしているのかもと思っています。知人のパグ(メス、やや病弱)も同じく散歩が嫌いです。数年前に亡くなりましたが、パグと一緒に飼っていたミックス犬は散歩が大好きで犬はそれが当たり前と思っていたので、パグの散歩拒否に始めは驚きました。(パグとは別に散歩をしていました。たまに気まぐれでパグがついてきましたが、数分で抱っこ)”
引用:発言小町
http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2009/0731/254630.htm

暑さ寒さに特に弱いので注意を!

パグは、他の犬に比べて暑さ寒さに弱いという特徴があります。

特に夏場の散歩は熱中症を避けるために、できるだけ早朝にしましょう。夕方の日が落ちたあとでも、コンクリートがかなり熱を蓄えており、地面の低い位置は高温になっている可能性が高いため危険です。人が「夕方で涼しくなった」と思っても、地面に近い犬にはそうでないこともあります。夜に行く場合は、散歩に出るときは念のため地面に手を近付けて、温度を確かめてみてください。ただ、夜は暗く犬のちょっとした体調の変化も見えづらいので、あまりオススメはできません。

“友達がパグを飼っていたんですが、夏の日散歩をしていたら、痙攣してそのまま死んでしまったと言っていた”
引用:Yahoo!知恵袋
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10116392090

“私のパグちゃんは早朝4時半に散歩行ってます。その時の地面も暑くないし、ハアハア言いながらも散歩は30分ぐらいします。でもお昼や夕方は気温も高いので、一応散歩へ連れて来ますが、用を足したらすぐに引っ張って帰ろうとします。これ以上散歩へ行っても駄目なので、帰ります。”
引用:Yahoo!知恵袋
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11177568926

冬場のお散歩も、寒さのあまり行きたがらない子もいます。もともと小型犬は寒さに弱いため、冬の散歩は暖かい日中に短時間だけにしたり、嫌がる場合は無理をさせず部屋の中でしっかり遊ばせてあげたりしてもいいかもしれません。

“夕方、やっとこさお散歩気分となり、リードを付けてくれたこはるさん。ところが、あまりの寒さに2人して首をすくめて歩く始末。寒波ですって‼さんむいわ〜〜。早々お散歩を切り上げ放心状態のこはる。”
引用:らくがきキッチン
http://ameblo.jp/pagupakupaku123/entry-12246845019.html

パグが噛んできたとき

パグはもともと穏やかで攻撃性もほとんどないのですが、それでもやはり幼い時や、身の危険を感じた時、興奮した時には噛んでしまうことがあります。なかには飼い主が「痛い!」と反応しても、「遊んでくれてる」と勘違いする子もいるようです。特にまだ幼くて乳歯が生え替わっている間は、「何かを噛みたい」衝動が強くなります。そのため、普段からおもちゃやガムなど他の物を十分に噛ませておくといいかもしれませんね。

“子犬時期は噛んで学習・満足する時期でもあるので、それを何でも抑制しすぎると、飼い主が見てない所でリモコンをかじったり椅子の脚をかじったりしてしまいます。”
引用:Yahoo!知恵袋
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1383654738

“乳歯が生え始め抜け替わりが済むまで、仔犬はみんなそうやって噛むものなのです。仔犬は歯の抜け替わるが済む(8ヶ月令前後)まで、食欲と同じような噛みつき欲求があるものだと理解してください。その噛みつき欲求をどう満たしてあげられるかが、重要なのです。
飼い主との遊びなどの中で、噛みつき欲求が十分に満たされれば、問題となる噛みは少なくなります。
噛んで欲しくない物を噛ませていれば、成犬になってもその噛んで欲しくないものを噛む習慣を作ってしまいます。
子犬は噛むのが仕事です。噛んでもいい物をどんどん噛ませ、噛んで欲しくない物は噛む体験をさせない(しまう、または苦くする)ことです。”
引用:Yahoo!知恵袋
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1017372880

 

 

(関連記事)しつけに悩むのはあなただけじゃないですよ。こちらも参考にしてくださいね。

※ 「叩くしつけ」はOKなの?「叩かないしつけ」って?

※ 突然できなくなっちゃった!犬のトイレ失敗の「なぜ?」

※ 噛んじゃダメ!愛犬の噛むクセ、上手なしつけの方法は?

まとめ

パグは温厚で落ち着きがあり、犬のなかでもしつけが楽なタイプです。しかし、それぞれ性格があり、なかにはワガママが強い子や、無駄吠えをしてしまう子もいない訳ではありません。ただ、冒頭でも述べたとおり犬はどの犬種であっても、そもそも賢い生き物です。飼い主の方が正しい方法できちんとしつけることができれば、きちんと学んでくれます。しっかりとしつけをしながら愛情をたっぷり注いで、パグとの穏やかで楽しい毎日を過ごしてくださいね。

 

「パグ」に関する記事の一覧はこちら


スポンサーリンク