子犬を飼い始めたばかりの頃はワンちゃんの好みもわかりませんし、どのようなおやつを与えるか悩んでしまいますよね。それにおやつはいつから与えていいのか、どの程度与えるかなどで将来にも影響していきます。そんなおやつの与え方から、飼い主さんの経験談などをご紹介します。

子犬におやつをあげるには

おやつの必要性

新たに子犬をお迎えする場合、生後3ヶ月前後でのお迎えが多いかと思います。ほとんどはお迎え時にはすでに離乳食ではなく、固形フードがそのままや、水でふやかした状態で食べられるようになっていますよね。子犬のころは消化器官が未熟のため、トイレの回数がかなり多く、ご飯の吐き出しも頻繁に見られますね。その上とても活発でおうちの中でもたくさん遊んだり、走り回ったりしていますよね。

成犬に向かってどんどん成長していくということもあり、適量の食事だけではエネルギー量が足りなくなることも・・・。そのため、おやつを与えることも非常に重要になっていきます。

おやつをあげ始める時期

子犬におやつをあげ始める明確な時期というのはありませんが、一般的には生後3ヵ月~4ヵ月で与え始めることが多いようです。子犬の頃は1日に3回~5回に分けてご飯を与えますが、ご飯が3回の場合、ご飯とご飯の間が空きすぎるのは負担になってしまう場合もあります。空腹に耐えられず胃液を吐き出してしまうこともありますね。

また、お迎えしたばかりの頃は飼い主さんとのコミュニケーションを取ったり、きちんとしつけをする大切な時期でもあります。しつけをする際に欠かせないのは褒める言葉と、ともに与えるおやつのご褒美なのでこの時期を目安にするのがいいでしょう。

 

(関連記事)この記事と併せて読むならこちらの関連記事もどうぞ。

※ 正しいしつけの手順は?

※ 愛犬に待てを覚えさえたい!

 

子犬に与える最適なおやつ

おやつといえばトリーツやジャーキーなどを想像してしまいそうですが、生後半年~1歳になるまでの間は普段与えているドッグフードでも十分おやつとして役立ちます。ドッグフードは総合栄養食なので、子犬の頃は間食としてドッグフードを与えている飼い主さんがほとんどですよね。もちろんご飯のようにたくさんあげるのではなく、おやつと同じ要領で2.3粒を与えるようにしてくださいね。

子犬におやつを与えるときの注意点

子犬の頃は初めに与えたドッグフードがそのワンちゃんにとって適切かどうかを判断するのに時間がかかります。初めはわからなくても、食物アレルギーがあったり、体質や相性など、全てを把握するのには数か月は要してしまいますよね。ご飯を食べたあとに頻繁にご飯の吐き出しがあったり、涙やけや涎やけがよく出るなどの症状があればドッグフードが身体に合っていない可能性もありますので、違うものに変更して様子を見てあげてくださいね。

この頃に様々なおやつを与えていると、どれが原因でその症状が出たのか判断のしようがなくなってしまいます。また、ドッグフードよりおやつの方がワンちゃんの好みに作られているため、子犬の頃から頻繁におやつをあげていると、ドッグフードを全く食べなくなってしまう場合もあります。
そのため、子犬の頃はご飯の環境が落ち着くまではなんでもかんでも与えるというのは控えてくださいね。

それでもやっぱりおやつをあげたい!

そんな飼い主さんはまず、ドッグフードの弱点である水分を補う野菜や果物を与えるところから始めてみましょう。ニンジンやキャベツの芯、きゅうり、りんごなどは好きなワンちゃんも多いです。野菜であれば茹でるなどして少し火を通してあげた方が、ワンちゃんにとっても食べやすいはずです。まずは少量から、慣れて来たら少しずつ量を増やしていきます。アレルギーのある子もいるので、ワンちゃんの体調の変化にも気をつけてくださいね。

市販のおやつを与える場合は、生後6ヶ月で歯の生えかわりも終わる頃から試してみてください。その際は噛みやすくて添加物のないものから与えてみてくださいね。それでは生後半年を超えたワンちゃんに与えるおやつで人気のものを見ていきましょう。

子犬に与えるおすすめのおやつ

アニウェル (aniwell) 子犬すくすくボーロ

こちらは生後30日から与えることのできるボーロです。子犬でも食べやすいように柔らかめに作られています。総合的な栄養素が含まれており、保存料なども不使用のものとなっています。

口コミも

“生後1ヶ月ちょっとの柴犬の仔を飼っています。ホームセンター等で市販されているボーロは生後3ヶ月以降でないと与えてはいけないと書いてあったのですが、こちらは生後30日からOKでしたので「おっ」と思い購入。
難しい事はわからないのですが、初乳に含まれる成分や様々な栄養素が配合されており、免疫力や腸の健康を保つ助けになってくれるとのこと。
ちょっとお高いですが、大事な時期の仔犬の健康を思えば安い買物でした。歯にくっつきにくい製法というのも嬉しい点だと思います。

私は食べていませんが、とってもおいしそうな匂いがします。仔犬も気に入ったのか、袋の音がするだけで大興奮して飛んでくるようになりました。1日に5〜10粒ずつ数日に渡って与えてみましたが、お腹を壊すことなく元気に食べています。ただ、ボーロの効果か判りませんが、ウンポコの色が若干薄くなったような気がします。

一袋40粒程度の小分けパックが3つ入っていますが、私は一袋あけるごとにジャムの小瓶に移し替えて保管しています。(湿気防止もそうですが、袋の音がすると興奮して大変になってきたので;)

届いたお品の賞味期限は一年以上余裕がありましたので(2014年11月7日)、あわせ買いついでにいくつか買って置いてもよさそうです。

成犬になったら「お腹いきいきボーロ」がおすすめらしいので、いずれは試してみたいと思います^^*”

と高評価ですよ!
引用サイト:
https://www.amazon.co.jp/%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%AB-aniwell-%E5%AD%90%E7%8A%AC%E3%81%99%E3%81%8F%E3%81%99%E3%81%8F%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AD-40%E7%B2%92%E7%A8%8B%E5%BA%A6-3%E8%A2%8B%E5%85%A5/dp/B0053B7LBM/ref=pd_sim_199_2?_encoding=UTF8&psc=1&refRID=Y6CNPZ06VZS8M04K2Z78

3ヶ月頃から1歳頃 子犬のおやつ

こちらは名前がそのまま「子犬のおやつ」で丁度、3ヵ月~1歳までのワンちゃんに適したおやつとなっています。小分けになっているため、お散歩の際にも持ち運びやすく、子犬の頃に必要な栄養素が十分入っています。こちらの口コミも高評価ですよ!

“半年になるチワワですが、このおやつが大好きで、袋をみるだけで飛びついてきます。
小さい袋に小分けになっていて、とても扱いやすいです。おやつ自体もちょうどいい大きさで、良いことをした時のご褒美として大活躍してくれています。
値段も大変お手頃で、何度もリピートしています。これからもお世話になりたいと思っています。”
引用サイト:
https://www.amazon.co.jp/%E3%83%87%E3%83%93%E3%83%95-3%E3%83%B6%E6%9C%88%E9%A0%83%E3%81%8B%E3%82%891%E6%AD%B3%E9%A0%83-%E5%AD%90%E7%8A%AC%E3%81%AE%E3%81%8A%E3%82%84%E3%81%A4-100g/dp/B002L15YH0

 

(関連記事)この記事と併せて読むならこちらの関連記事もどうぞ。

※ 愛犬にお手を覚えさせる方法は?

※ 愛犬が首輪を嫌がるときはどうしたら?

 

子犬の頃のおやつについて見ていきましたが、やはりおやつを与えるというよりはドッグフードで代用している方が多いようです。もちろんおやつが必ずしもだめというわけではありませんので、そのワンちゃんによりどのようにおやつを与えるのが良いか考えてあげてくださいね。おやつをあげるにもなんでもいいというわけではなく、人間の食べるおやつを与えてはいけませんし、野菜などであってもワンちゃんに与えてはだめなものもありますのできちんと確認してあげてください。


スポンサーリンク

 

関連記事