普段たくさんの毛を纏っているワンちゃん。飼い主さんから見ると夏はとても暑そうなイメージがありますよね。暑い夏を乗り切るためのサマーカットでも、暑そうだからと言って丸刈りにするのは注意が必要です。過度なサマーカットはワンちゃんの身体に予期せぬダメージとなってしまうことがあります。

適度なサマーカットであれば、飼い主さんにもワンちゃんにもメリットになりますね。

おうちのワンちゃんに本当にサマーカットが必要かどうかみていきましょう。

 

この記事と併せて読むならこちらの関連記事もどうぞ。

ちゃんとしつけたい!「噛み癖」どうしたら?

サマーカット トイプードル編

 

サマーカットをする必要性

ワンちゃんを清潔に保つため

夏の時期にしっかりとお手入れができなければ、熱がこもり毛玉になってしまったところには汚れがたまりやすく、皮膚病などの原因にもなってしまいます。サマーカットをすることにより、ワンちゃんが汚れてもれても飼い主さんが簡単に洗ってあげることができますよね。

清潔を保つためにはある程度のサマーカットは必要になります。

長毛種のワンちゃんにはサマーカットを

ポメラニアンやミニチュアダックスフンドなど、サマーカットをしてあげる犬種のほとんどは普段お手入れをする必要のないワンちゃんです。定期的にトリミングに行くワンちゃんは夏に限らずとも被毛のメンテナンスができているため、夏にわざわざサマーカットをする!という必要はありません。

定期的なトリミングが必要のないワンちゃんの中にも、長毛種のワンちゃんは夏の時期にしっかりとお手入れをしてあげなければ身体の清潔を保ちづらくなるためサマーカットをしてあげます。

サマーカットで注意すべきこと

サマーカットはワンちゃんにとっていいことばかりではありません。長さを考えず丸刈りにしてしまうのは少し注意が必要です。

では次はサマーカットする際の注意点をみていきましょう。

熱中症になりやすくなる

サマーカットで丸刈りにしてしまうと、皮膚を守るものがなくなってしまい、日光が直接皮膚に当たってしまいます。長時間皮膚に日光があたることにより熱中症のリスクが高まってしまいます。そのため気付かずうちに死に至ってしまうワンちゃんも少なくありません。

紫外線によるダメージも今まで以上に受けてしまうので、皮膚病の原因にもつながってしまいます。

害虫がつきやすくなる

普段被毛によって害虫が皮膚まで侵入するのを防いでいます。しかしサマーカットで短くしてしまうと虫に刺されやすくなるだけでなく、ノミやダニなどもつきやすくなってしまうので注意です。

身体が冷えすぎてしまう

室内で飼われているワンちゃんはエアコンの影響を受けやすく、涼しい環境の中で丸刈りだとワンちゃんの身体を必要以上に冷やしてしまうこともあります。そのため、身体がブルブルと震えていたり、風邪を引いてしまう場合もあるので気を付けてあげましょう。

毛質が変わってしまう

普段トリミングをする必要のないワンちゃんはサマーカットをすることにより、被毛の毛質が変化してしまうことがあります。犬種によっては、一度カットしてしまうと二度と伸びてこない場合もあります。バリカンで全身を刈り上げる際は、トリマーさんから被毛の変化について十分な説明を受けるようにしましょう。

適度な長さのカットを心掛ける

被毛にも役割がある

人間のように汗で体温の調節がスムーズでできワンちゃんたちは、なるべく気温の影響を受けないようにして身体を守っています。つまり、被毛は断熱材の役割となっているわけです。

やりすぎたサマーカットはその断熱材を取り除いてしまうことになるため、一見涼しく見えていてもワンちゃんは余計暑く感じています。

ワンちゃんに合った長さを

「ワンちゃんの被毛が正しく断熱材として機能する長さは最低2cm必要」という説もあるようですが、ワンちゃんのサマーカットに正しい方法というのはありません。ワンちゃんにとってどのくらいの毛の長さが1番快適なのかを考えてカットをしてあげましょう。あまり短く切りすぎないように注意してくださいね。

部分カットも効率的

犬種によっては、全身を短く切るのではなく、一部だけ切ってあげるのもいいですね。ワンちゃんは暑くなるとお腹を冷たいところに当てて身体を冷やしています。そのためお腹や腋の下、後ろ足の付け根などは他のところより短く切ってあげたり、薄く梳いてあげることにより身体を冷やす効果を高めることができます。

たれ耳のワンちゃんの場合は耳の内側や、たれている被毛を短くカットすることにより、通気を良くして蒸れを防ぐこともできます。

おうちでするサマーカット

準備するもの

・スリッカーブラシ

くの字に曲がった針金のついたブラシです。初心者の方は針金の柔らかいソフトスリッカーを選ぶと使いやすいです。

・コーム

ワンちゃん用のくしのことを言います。カットの時に毛を起こしたり、もつれがないか確認するときに使います。

・カット用のハサミ、梳きばさみ

ペットショップなどに売られているカット専用のハサミを用意してあげます。少しだけ薄くしてあげたいという方は梳きばさみを使用します。切れ味が悪くなり、毛が絡まってしまうこともありますのでワンちゃんの毛以外は切らないようにしましょう。

・バリカン

ワンちゃんの毛のカットをするときは本体と替刃が分かれているものを選んであげるようにします。バリカンの中にも音のあまりでない仕様のものもありますので敏感なワンちゃんにはそちらを選んであげましょう。

バリカンの替刃は1mmと5mmを用意しておきます。足の裏の毛など元々毛の短い部分は1mmで使用し、身体は5mmでカットします。5mmで刈ると結構短めになるため、注意点に気をつけて使用してあげてくださいね。

初心者の方はお手軽カットから

あまり短くしたくない、失敗が怖い!という方には毛を自然に短くする方法にチャレンジしてはいかがでしょうか?バリカンやハサミはある程度のテクニックが必要になりますので、まずは梳きばさみから初めてみましょう。

基本の長さはそんなに変えなくても梳いてあげることにより、風通しがよくなり暑さの軽減にもなります。適当に場所を変えながらハサミを入れていくだけなので初心者の方でも簡単です。ブラシで毛を払いながら行うと切ってる長さがわかりやすくなります。この時、同じところばかり切っているとそこだけが短くなるので注意しておきます。

まずは背中などで試して、コツを掴んでから飾り毛(見た目に関わってくる場所)の部分をカットしてみましょう。

ロングコート用のカット

長毛種のワンちゃんはやはり夏は暑いので適度なカットしてあげる必要がありますね。スムースカットをするのは少しテクニックがいります。ある程度ハサミで短く切ってからバリカンを使用しないと、バリカンに毛が絡んでしまうことがあります。

クシを逆毛に入れてそこからはみ出した毛をカットしていきますが、慣れていないとガタガタになってしまうこともありますね。

ワンちゃんのサマーカットはとても可愛いですが、その分注意することもたくさんあります。おうちでカットするときにも体調が万全か、皮膚に異常はないかなどを確認してからしてあげてくださいね。してあげるべきか迷ったときは、トリマーさんや獣医さんに相談してからするのが間違いないです。

ワンちゃんのことも考えて、その子に合ったサマーカットを楽しんでくださいね。


スポンサーリンク

 

関連記事