ワンちゃんの去勢手術にはどれくらい費用がかかるんだろう?と思っている方がたくさんいるかと思います。病院のHPを調べても去勢費用が載っているものはほとんどありませんし、よく聞く費用だけで本当にいいのか心配ですよね。実際に去勢手術を行う際、一体何にどれくらいかかるのかを見ていきましょう。

(関連記事)この記事を読んでいる方におすすめの記事はこちら。

ペットの去勢は必要?どうすればいい?費用やベストな時期など

愛犬の去勢手術する、しない?メリットとデメリットには何があるの?

 

ワンちゃんの去勢手術でかかる費用

事前検診にかかる費用

初めての受診であれば、初診料が必ずかかります。初診料は動物病院や地域などによってかなり金額が異なりますが500円~2,000円ほどでしょうか。それに事前検診費用としてほとんどの場合では3,000円前後の費用がかかります。子犬の頃から持病があったり、保護犬で素性の知れない場合などは、検査費用が+αでかかります。また、レントゲンを取る必要のあるワンちゃんでもレントゲン1枚につき2,000円~3,000円ほど費用が発生するので、獣医師さんに事前に確認しておくのがいいでしょう。

去勢手術にかかる費用

個体差がありますが、手術自体にはオスで15,000~30,000円、メスで20,000~40,000円ほどの費用がかかります。こちらに術後の抗生物質代や鎮痛、消炎などの薬代は含まれていることが多いですが、中には含まれない所もありますし、病院により留置代(術後経過を必要に応じてみるために、お泊りする時の入院滞在費用)なども取られることがありますので、こちらも事前に確認しておくといいですね。

全身麻酔料、手術技術料、手術室使用料、手術用具滅菌料、(麻酔のための術前の)診察料、血液検査料、尿・便検査料、マスク・針・縫合糸などの手術に使用する用具料、入院料、その他人件費などがあります。後のトラブルを避けるためにも、あらかじめ全部でいくらかかるかを(病院の玄関を入って出てくるまで)よく聞いておきましょう。

引用:教えて犬ノート

と書かれているように、各動物病院の規模や検査の内容、どこまでを手術費用とするかでも変わってきますので、心配な方はあらかじめしっかり詳しく聞いておくようにしましょう。
うちの近くにある動物病院に問い合わせたときは、手術当日だけでも49,800円の費用がかかると言われたため、動物病院によってかなりばらつきがあると思います。ほとんどの動物病院では電話で問い合わせて費用がどれくらいかかるのか聞くことができるため、それを参考にするのもいいかもしれませんね。
ちなみに、こんな口コミもあります。

動物愛護病院だと価格がかなり安価ですが。。

引用:わんちゃんホンポ 犬の去勢にかかる費用とは?手術前後で必要なお金や補助金について

どんな動物病院を選ぶのかは飼い主それぞれの判断となりますが、費用だけで選ぶのも、あまりにもバラバラのため選びにくいものかもしれません。
また、高ければ安心というわけでもありません。
去勢手術は依頼件数も多く、ほとんどの動物病院が実施した経験があるものとなりますのでどこでもソコソコ安全に手術できるとして、あとは費用の面とその動物病院の獣医を信頼できるかどうか、家から近いかどうか、評判はどうか、設備等がしっかりしていて重病でもスムーズに対処できるか等、自分の愛犬に適した手術をしてくれるのかを考えて、慎重に判断したいところですね。
できるだけ飼い主さんやワンちゃんと相性が良く、充分に治療方針やメリット、デメリットを詳しく納得いくまで説明してくれる良い先生に出会えると良いですね。

去勢手術後にかかる費用

入院費

オスのワンちゃんの場合、基本的には日帰りですが、手術によりワンちゃんの容体が良くない場合だとそのまま入院となることもあります。
メスのワンちゃんの場合、多くは開腹手術となるため、術後の経過観察に時間がかかり、1泊~2泊する事になります。
この場合には入院費用2,000円~3,000円程度がプラスでかかります。

経過検診の費用

オスのワンちゃんの日帰りの場合と、腹腔鏡手術を行ってくれる動物病院などで、メスのワンちゃんでも入院することもなく、おうちに帰れた場合はおよそ1週間後の経過検診が最後になります。手術によっては抜糸をする必要のある場合とない場合がありますが、どちらの場合でもかかるのは500円~1,000円程度です。ただ、もしも傷口を噛んだりして、経過が悪かった場合には処置が必要となりますので、それに応じた費用もプラスαが必要となってきます。
大抵の場合は、経過診断は良好となり、必要であれば抜糸だけで帰れるものとなりますので、前述した500円~1000円に、プラス3000円くらい念のため余分に用意しておくと安心かと思われます。

保護グッズの費用

また、この時に傷を舐めて予後が安定しないようであれば、エリザベスカラーや保護服を勧められるようです。
もちろん動物病院によっては、術後すぐに付けてくれる所もありますので、こちらも料金に含まれているかなどの確認が必要です。

サイズや物によって値段はピンキリですが、こちらのホームページなどでも術後服を買えるようですので参考にしてみるのも良いかもしれません。
(参照:http://www.full-of-vigor.jp/category/elizabethwear.html

うちのワンちゃんはすぐに噛んでしまいそうだという心配があるのであれば、病院で買える所もあるので、早めに獣医さんと相談して購入しておきましょう。

ペットフードも多少高くなるかも?

去勢、避妊手術後、ホルモンバランスが乱れるためか、ほとんどのワンちゃんが太りやすくなります。
原因ははっきりとはわかっていないようですが、太りやすくなるのは事実であるため、ほとんどの場合、去勢後用として売られている専門のフードに切り替える必要があります。
若いワンちゃんの場合は、ただ単にダイエットフードを与えるのも栄養面で心配であることから、専用のものを、となるとキロ単位の価格が2000円以上するものになりますので、普段安めのフードを選んでいた場合は、若干費用がかさむことになります。
普段から栄養面などにこだわったフードを与えている方はそれほど差はないかもしれませんが、一応、毎日の食事の費用も積み重なるとそれなりにのちのち響いてきますので、去勢手術費用とはちょっと違いますが、少しだけ頭に入れておくと良いかもしれません。

手術費用が高くなりそうな犬種とは?

前述したとおり、手術にかかる料金は、個体差があります。
小型犬と大型犬では大型犬の方が高くなる傾向にあるようです。
動物病院によっては、細かく体重で分けられている所もあります。
また、ブルドック系の短頭種と言われる犬種は、一般的に麻酔のリスクが他の犬種よりも高く、呼吸がちゃんとできているかなど、手術後の経過をしっかり診る必要があることからも、費用は高くなりがちです。

その他、イタリアングレートハウンドやドーベルマン、ボルゾイなどのサイトハウンドと呼ばれる犬たちも、同様に麻酔のリスクが高いため、特に手術直後の管理により多くの注意を払わなければなりません。場合によってはICUなどで管理する場合もありますから、そういった場合は通常、別途料金が発生することがほとんどです。

引用:犬猫の去勢避妊

つまり、個体によって、手術でのリスクに差があり、他にも病気の有無等でも差がでてくることから、費用としてはそのあたりも含めて考え、1~2万多めに用意しておいた方が良いでしょう。

また、一般的にオスよりもメスの方が手術は複雑なため、金額は多めに設定されています。
手術後に経過観察のため入院する事がほとんどなのですが、場合により、ICUなどで管理する事になったなら別途料金が発生するかもしれないと考えておいた方が良いでしょう。
特に、メスはおなかの中から大事な臓器を避けて卵巣などを切り、その後靭帯や動脈などを縛って止血したあと閉腹する事から、脂肪の多い少ない、血管の太さなどで手術の難易度がかなり上下します。
従って、オスよりもメスの方が、年齢によるリスクや、体の大きさによる手術のリスクの上昇が激しいという事になりますので、その分費用もかかる事になりますし、できるだけ若いうちに手術する方が望ましい理由にもなっています。

当然、持病を持っているワンちゃんや、既に老犬の域に達している年齢での手術の場合は、若くて健康なワンちゃんが最適な時期に行うものよりは、リスクが高くなってきますのでその分検査も慎重に行います。
血液検査やレントゲン以外にも心電図検査、超音波検査やその他もろもろの検査が追加される可能性がありますので、必要に応じて各検査費用なども聞いておかれると安心でしょう。

(関連記事)この記事を読んでいる方におすすめの記事はこちら。

老舗・最安・口コミ人気、ペット保険どこがいい?

口コミ経験談から学ぶ!ペット保険の必要性

 

ワンちゃんの手術に補助金が出る?

補助金制度

ワンちゃんの去勢や避妊の手術には、地方自治体により補助金が出ることがあります。元々は野良犬や野良猫など保護動物に対して望まない妊娠を防ぐためにできた制度でしたが、現在では該当する地域に住んでいて、条件をクリアしていれば補助金を受け取れる場合もあるようです。犬の去勢の費用を抑えることができるので、一度確認してみるのもいいですね。

補助金申請必要条件例

申請書類とともに、提出する必要があるようですので、その一例をご紹介します。

  • 狂犬病予防ワクチンの証明書コピー
  • 市町村への登録番号(ワンちゃんが本当にその地域に住んでいるのかどうか)
  • 手術領収書
  • 手術実施の証明書(獣医師記入のもの)

補助金の金額には限度があり、先着順の受付で終了のところも多いようなので、制度があるのかどうかまず自治体へ確認してみましょう。
また、申請書類は手術後1ヶ月~半年以内に申請しなければ認められないなど、自治体により期間も定められています。助成金の金額は、去勢手術の場合だと3,000~5,000円が相場のようですが、それでも非常に助かる金額ですので、ワンちゃんの去勢費用に困った場合は利用するのもいいかもしれません。
ちなみに、マイクロチップなど、他の物でも申請できるものもありますので、お住いの自治体でどんなサービスがあるのか、補助金が出るのかなど、ついでに調べておくと良いかもしれません。

ワンちゃんの去勢手術に保険は使える?

ほとんどの方がワンちゃんを飼う際にペット保険に入られるかと思います。ワンちゃんの手術費用を抑えるためにペット保険が使えるのではないかと考える方もいますよね。しかし現実はそう甘くありません。ペット保険は、保険会社により保険適用できるものと適用外となるものがあります。ほとんどの保険会社はワンちゃんの去勢や避妊手術に対して、保険は適用されません。その理由としては、行われる手術が健康体への手術となるからです。保険会社によっては一部適用としているところもあるようですが、ほぼ保険は適用されないと思っておいた方がいいでしょう。細かなことは保険に加入された際にもらえるパンフレットに書いてありますが、それを読んでもわからないときは保険会社に保険を適用してもらえるかどうかを確認するのが間違いないですね。

ワンちゃんの去勢手術の流れ

手術前の準備

去勢手術をするとなったらまずは事前検診から始めます。事前検診は基本予約などはいらず、そのまま動物病院へ連れて行き診察をします。事前検診で特に問題がなければそこで手術の日取りを予約します。
そして手術の前日の夜ご飯までは食べられますが、手術当日(0時を回って日付を超えてから)はごはんを食べることはできません。水は当日の朝9時までは飲んでも大丈夫など、獣医師さんから事前に指定されますのでそれに従って準備をしておきます。
これをしておかないと麻酔の副作用により、食べたものを戻してしまい、手術に影響が出たり、ワンちゃんの身体に負担がかかってしまう可能性もあります。手術前の注意事項はきちんと守って手術に臨むようにしてくださいね。また、中には事前検診のときは元気だったのに手術の日になるとなんだか体調が優れなくなってしまうなんていう子もいます。そのような場合は無理に手術を受けさせることはせず、獣医師さんに相談して改めて日取りを取ってもらうようにしてくださいね。

去勢手術にかかる時間

ほとんどの動物病院では午前診療、午後(夕方)診療の間に手術時間が設けられており、去勢や避妊などの手術もその時間で行います。手術自体にかかる時間は、オスのワンちゃんで20分程度、メスのワンちゃんで1時間程度だと言われていますが、オスのワンちゃんの場合は、午前中の指定された時間までに病院へ預けて、夕方の麻酔がほとんど切れて動けるようになってきたときに、取りに来るようにと説明されます。去勢手術の場合は基本日帰りですが、まれに手術中に体調を崩して1日入院となるワンちゃんもいます。
メスのワンちゃんの場合は、その内容によっても手術時間が変ります。術法には主に二種類あり、卵巣のみを摘出するものと、卵巣も子宮も摘出するものになります。取る所が多いほど時間がかかりますし、卵巣だけを取った場合でも、ほとんどの場合開腹手術となり、オスのワンちゃんよりは難しい手術となりますので費用も高めに設定されています。おなかを開いているため手術後、動物病院で1泊~2泊して経過を見て、問題なければ帰る事になります。

手術後の注意点

ワンちゃんは怪我した箇所などを舐めて治そうとする習性があるため、手術が終わったあとは手術の跡をひどく気にして、執拗に舐めようとします。しかしワンちゃんの舌はザラザラしているため、傷口を舐めることによりその部分から出血したり、傷口が開いてしまう可能性もあります。また、手術箇所が炎症を起こして化膿したり感染症を引き起こす恐れもあります。そのため、手術後は傷口を舐めないようにワンちゃんを気にかけてあげる必要があります。ほとんどの病院ではエリザベスカラーを付けて帰されますが、普段付け慣れていないものなので、ワンちゃんは付けられること自体が酷くストレスに感じる場合もあります。それにより不安行動を起こしてしまう場合もありますので、そのようなときには無理に付けようとはせず、舐めようとしたときに飼い主さんが止められるように見ててあげてください。
手術後でも元気なワンちゃんだと走り回ったりする子もいるので、1日はなるべく安静に過ごさせてあげるようにしましょう。獣医師さんから指示があるまで散歩やシャンプーなども控える必要があります。ほとんどの場合は去勢後1週間程で術後検診があるため、そのときから普通の生活に戻すことができます。

(関連記事)この記事を読んでいる方におすすめの記事はこちら。

愛犬がヘルニアで手術となったら費用や入院期間はどのくらい?手術しない選択肢はないの?

高額になる犬のヘルニアの手術、その費用とその後のリハビリはどうなる?

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?ワンちゃんの去勢手術には実際の手術費用の他にも様々なことにお金がかかるのがわかりますね。
トータルでいくらかかるかを提示している病院もありますが、事前検査と手術費用、その後の検診などで細かく分けている所もありますので、電話などで事前にかかる費用を聞く場合は、どの部分の料金が知りたいかを飼い主さん側が認識したうえで聞くようにしましょう。多くの獣医師さんは、繁殖の予定がなければ去勢手術をおすすめしているようです。お金がないからと蔑ろにするようなことはせず、大切な家族のことなのできちんと考えてみてくださいね。

 

「手術」「予防接種」に関する記事の一覧はこちら


スポンサーリンク

 

関連記事