愛犬がくしゃみ連発?!
くしゃみをする姿や自分のくしゃみにビックリしている様子はかわいいですが、連続で止まらないくしゃみは心配ですよね。

風邪?アレルギー?うれしくてくしゃみをするってホント?

 

※この記事と併せて読むならこちらの記事もどうぞ

愛犬のおならが臭うのはどんなとき?

犬がくしゃみをする原因にはいろんな話があるみたい?

くしゃみそのものは、鼻に入ってしまった異物を出そうという生理現象。

人間でもほこりっぽいところでくしゃみが出たり、風邪のときなどにもくしゃみがでますよね。
また急に冷たい空気を吸ったなどの鼻の粘膜に刺激があったことで出るくしゃみもありますね。

そうした生理現象としてのくしゃみのほかにも、ワンちゃんたちの場合「うれしくてくしゃみをする」とか「わざとくしゃみをする」という話を聞くことがあります。

「うれしくて」と言われると、「なんでまた・・・」という気もしてしまいますが、ほかにも人間ではあまり聞かないような理由でもくしゃみをすることがあるワンちゃんたち。

ワンちゃんたちのくしゃみには、どんな原因があるのでしょうか?

犬がくしゃみをする原因は?

ワンちゃんたちのくしゃみの原因として考えられるものにはいくつかあります。

鼻に異物が入ってしまった

おやつやフードの細かなかけら、ほこり、土や葉っぱ。
土や草むらのニオイをかいだときに細かな土が入ってしまったり、葉っぱの先で鼻の中を刺激されたりしたことによって出るくしゃみ。

おやつやフードでも、ニオイをかいだときに粉などが入ってしまうこともあります。

うれしい、興奮、ストレスや緊張

うれしくて興奮しているときなどに、気持ちを落ち着けるためにくしゃみをすることがあるそう。
1回のくしゃみで済む子もいれば、何回も連発してしまうワンちゃんもいます。

緊張や不安などのストレスからくしゃみが出る、というワンちゃんもいるようです。

刺激臭、強いニオイ

芳香剤や消臭スプレー、香水やタバコの煙などがくしゃみの原因になっていることも。

ワンちゃんの嗅覚は人間よりもはるかに敏感です。
人間にはそれほど強いニオイではなくても、ワンちゃんにとっては刺激が強く鼻の粘膜が刺激されてくしゃみが止まらない・・・なんてことも。

ハウスダストやアレルギー物質

床や地面に近い位置で生活しているワンちゃんたち。
ほこりやダニといったハウスダストの類を吸い込んでしまうことも。
ハウスダストだけでなく、花粉などに対するアレルギーでくしゃみが出ていることもあります。

鼻の粘膜が弱っている

いつも少し湿っているワンちゃんたちの鼻。
体調がよくないときなどは、いつもより少し乾燥していることも。

そんなときはワンちゃんの鼻の粘膜が弱ってしまっている可能性があり、粘膜が弱っているためにいつもなら大丈夫な刺激にも過剰に反応してくしゃみが出ているということもあります。

ウィルスや細菌の感染

風邪を含むウィルスや細菌への感染。
この場合の多くはくしゃみだけでなく下痢や嘔吐・咳・鼻水などの症状が同時に見られることが多いです。

免疫力も弱く感染しやすい子犬の時期には、くしゃみの原因としてウィルスや細菌への感染が疑われることも多く、生後3カ月程度の子犬では特にケンネルコフが疑われることが多いようです。

歯周病、虫歯

ワンちゃんのくしゃみの原因には、実は鼻が原因ではないこともあります。
人間よりも上あごの歯の根元が鼻に近いところにあるワンちゃんたちでは、進行した虫歯や歯周病の炎症がくしゃみや鼻水の原因になることも。

こんなときは気をつけて!病気が疑われるくしゃみと対処法

ワンちゃんのくしゃみの原因には、特に心配の要らない場合も多くあります。
しかし、病気が原因になっていることも。

くしゃみから疑われる病気は?

  • 花粉・ハウスダストなどのアレルギー
  • 鼻炎・副鼻腔炎
  • 鼻腔腫瘍
  • ジステンパー
  • ケンネルコフ
  • 歯根膿瘍

 

”心臓病はありませんか?老齢犬でくしゃみや咳は心臓病が原因であることも”
”歯の根っこが膿んでくしゃみがでることもあります”
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10101506220
引用「Yahoo!知恵袋」

”くしゃみをした後に「スースー」という呼吸音がするように”
”心臓が悪いんじゃないでしょうか。うちのチワワもそうです”
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12177261332
引用「Yahoo!知恵袋」

特に子犬のくしゃみではまずケンネルコフが疑われることが多いよう。

ケンネルコフは「犬の風邪」であり、風邪と聞くとそれほど大ごとに感じられない場合もありますが、子犬に関してはちょっとした体調不良にみえた場合でも生命にかかわる事態に発展することもあり注意が必要です。

またケンネルコフに限らず、3カ月ごろの子犬であれば、母犬からもらった免疫の力が弱まっている時期でもあります。

ウィルスや細菌への感染がおこりやすい時期ですので、子犬のうちは特にくしゃみを連発していたり続くようなら早めに動物病院へ連れて行った方が良いですね。

くしゃみのほかにあると病気が疑われるサイン

  • 子犬のくしゃみ
  • 連続して出る、止まらないくしゃみ
  • 頻繁にくしゃみをしている
  • 変なくしゃみをしている、苦しそうなくしゃみをしている
  • 鼻水や咳など、ほかの症状も出ている

このほかにも、鼻血が出たりすることもありますね。

くしゃみのし過ぎで鼻の粘膜から血がでることもあるのですが、もともと腫瘍や病気による原因で粘膜などが弱っていたことにより、くしゃみをしたときに鼻血がでるということもあります。

くしゃみをした勢いで鼻水がタラリ・・・というのは人間でもありますよね。
風邪でもそんなことがありますが、ハウスダストなどのアレルギーが原因で出ていることも。

咳がでている場合も同様で、風邪だとばかり思っていたらフィラリアだったということもあるそう。
フィラリアは寄生虫が心臓に寄生するため、成長した寄生虫が血流を悪化させ、咳やくしゃみのほか疲れやすくなるなどの症状が見られます。

咳や鼻水、目やになどのほかの症状をともなう様子がなくても、あまりにも頻繁にくしゃみをしているときや「このところしょっちゅうくしゃみをしていない?」といったときには、思いがけず病気が潜んでいることもあります。

 

※この記事と併せて読むならこちらの記事もどうぞ

ワンちゃんのうるさいいびき対処法は?

ワンちゃんが仰向けで寝る意味は?

あまり楽観もできない可能性もある、犬のくしゃみ

たまにクシュンとやる程度であったり、明らかに興奮しすぎてくしゃみが出ている様子なのであればあまり心配はないかもしれませんが、頻繁なくしゃみや連続する止まらないくしゃみとなると心配ですね。

芳香剤などの強いニオイやほこりなどが刺激となっているようであれば、まずは近くに置かないことや掃除といった対処が考えられます。

愛犬の様子をみていてもそれらに心当たりがなかったり、鼻水や咳など一緒に出ている症状があるようであれば、病気やアレルギーの疑いがないか、早めに動物病院へ連れて行ってあげた方が良さそうです。


スポンサーリンク

 

関連記事