ワンちゃんと一緒に遠くへ旅行に行きたい!

でもそもそも犬を飛行機に乗せられるの?飛行機内ではどう過ごすの?乗せる前の事前準備は?など、不安がたくさんありますよね。ワンちゃんを飛行機に乗せる前に知っておきたい情報から愛犬家必見の旅行プランまでを様々ご紹介します!

ワンちゃんを飛行機に乗せる前に

飛行機内での取り扱い

飛行機に乗せられるペットたちは、荷物と同じ扱いとなります。乗る前に手荷物として他の荷物と一緒に貨物室に預けられてしまうのです。

カウンターでは空調は客室と同じになるように管理されているとのアナウンスがありますが、それでも本当に平気なのか不安ですよね。その上、ペットを預ける際に

「航空便による私のペットの運送に当たり、運送中に発生したペットの死傷について、その原因が自然的原因(航空機内の気圧や温度などの変化を含む)動物自身もしくは他の動物のウイルス・微生物による感染、梱包の欠損にある場合、一切の責任を問わないことを同意します」

といった同意書を航空会社に提出することが義務付けられています。

ワンちゃんは環境の変化に弱いため、飛行機に長時間乗せられるというのは非常にストレスに感じるものです。飛行機に乗せて一緒に旅行へ行くというのは、その分リスクも高いということを忘れないようにしましょう。

飛行機に乗せられないワンちゃん

その犬種や状態により、飛行機には乗せられないワンちゃんもいます。
どのような場合、飛行機に乗せることができないのかを見ていきましょう。

・生後4ヵ月以内の子犬、または老犬

老犬といっても犬種にもより様々ですので一概に何歳とは言えませんが、7歳以上ですと獣医のアドバイスを受けているか確認される場合があります。

・心臓疾患・呼吸疾患がある場合

こちらには短頭犬種が含まれます。飛行機に乗せることが命取りになりますので注意してください。
短頭犬種には主に、シーズー、ブルドッグ、フレンチブルドッグ、パグなどが含まれています。また最近ではチワワやティーカッププードルなどの超小型犬の利用も断られることがあります。

・生理中および妊娠中

非常にデリケートな時期で、飛行機が平気なワンちゃんでも体調を崩しやすくなります。

・分離不安なワンちゃん

家でお留守番することが少なく、いつも飼い主さんと一緒にいるようなワンちゃんの場合、長い間離れること自体がストレスになります。

・狭いところが苦手なワンちゃん

普段からケージやクレートに入る習慣のないワンちゃんは狭いケージに閉じ込められるだけで過度なストレス状態になってしまいます。特に健康状態があまりよくないワンちゃんの飛行機の利用は避けましょう。

上記で述べたワンちゃん以外にも共通して言えることですが、飛行機のエンジンなどの音は非常に強いストレスとなります。人間でもうるさいと感じる音はワンちゃんにとって何倍も大きな音に聞こえています。それだけでなく、いつもとは違う環境で飼い主の姿が見えない狭い空間に閉じ込められるため、体調を崩してショック死をしてしまうワンちゃんも少なくありません。

飛行機に乗せる際には細心の注意を払う必要があります。

 

まずは近場で旅行練習はどうでしょう?気軽に国内のペット可の宿に行ってみる、そんな時にはこちらをどうぞ。

※ ペットと泊まれる宿ってどんなタイプがあるの?実はいろいろですよ

飛行機に乗せる際の手続きとは?

飛行機内では受託手荷物の扱いとなるため、基本的に事前の予約などは必要ありませんが、稀にペットの運送ができない飛行機の場合もありますので事前に確認しておくことをおすすめします。予め、同意書の署名捺印を済ませてからカウンターに行くとスムーズに進みます。所定の手続きを済ませてからワンちゃんと一緒に出発まで待ちます。

また、当日の貨物状況によっては利用する便の変更を求められる可能性があるということも頭に入れておくといいでしょう。

飛行機に乗せる際には飛行機に対応している頑丈なクレートを選んで購入します。航空会社によっては事前予約でクレートの貸し出しサービスをしてもらえるところもありますので、どのようなものを買えばいいかわからない場合などに活用すると便利です。

給水機などは飼い主が用意し、クレートの中に入れてもらいます。貸し出しのものを利用する際は普段使っているタオルやおもちゃなども一緒に入れてあげるようにしましょう。

到着した後は、係員の方が直接ワンちゃんを運んできてくれます。航空会社によっては受取場所が指定されている場合もありますので事前に確認をしておいてください。

お出かけ前に、ワンちゃんの持ち物も忘れずに確認しておきましょう!

※ 犬と旅行に行くときの持ち物リスト決定版!忘れちゃダメだワン!

ワンちゃんと海外旅行に行きたい場合

海外に連れて行く際に気を付けること

海外にワンちゃんと一緒に海外旅行をするのは可能ですが、同じく渡航のリスクがあります。犬は国境を渡るのが大変な動物です。その1番の原因は「狂犬病」です。

狂犬病は犬だけでなく人間にも感染し、死に至らせる恐れのある病気です。現在日本は狂犬病の発生しない地域とされていますが、世界の多くの国では今でも狂犬病が発生しています。そのため、発生している国と発生していない国の間で犬の移動を制限する措置が取られています。

ワンちゃんを海外に連れて行く準備

日本から別の国へワンちゃんを連れて行く場合は、訪問国へ狂犬病などの疫病を運んでいかない証明、帰国の際に持ち込まないという証明、疫病への予防が必要となります。

ワンちゃんは人と違い、パスポートがあれば簡単に海外に行けるというものではありません。人間の場合扱いは出国、そして入国となりますが、ワンちゃんの場合は輸出、輸入となります。手続きには1ヵ月以上の期間を要します。

必ず必要になるのが、「マイクロチップの装着と識別」、「狂犬病予防注射の接種」、「狂犬病抗体価検査結果」です。渡航先が狂犬病が発生している国かそうでないかにもより検疫内容も変化します。検疫は動物検疫所で行われますので旅行に行く都度、問い合わせて最新情報を調べておくと間違いありません。

飛行機にワンちゃんを乗せる際は、欧米系の航空会社など一部で小型犬は客室内への持ち込みができる場合があります。長時間のフライトとなると人間同様トイレシートをクレート内に敷いてあげるのと、そこで用を足す習慣を付けておく必要があります。
客室への持ち込みができても、長時間飛行機に乗り続けるのはワンちゃんにとって心地いいものではありません。クレート内で粗相があったときのために、替えのトイレシートやごみ袋なども持ち合わせておくと不測の事態にも対応ができます。

国内の旅行でも海外の旅行でも、ワンちゃんが大変飛行機が苦手な生き物だということに代わりはありません。飛行機に乗せるという行為だけでも様々なリスクになりかねます。トレーニングなどの事前準備や情報収集は欠かさずにしておきましょう。

じゃあ愛犬との旅行は諦めた方がいいの?という飼い主さんに朗報です!

愛犬と共に飛行機に乗れるツアーが登場!

日本航空(JAL)や全日空(ANA)からワンちゃんと共に機内に乗れるツアーが誕生しました!出発日が元から決められており、残念ながら現在はツアーが終了しています。が、このツアーは発売当時、即日完売。大盛況のためこの先もツアーの開催が予想されますね。

ツアー内容は2泊3日で飛行機内も宿泊施設内もワンちゃんと一緒に過ごせるというもの。各地で提供されるサービスについてももちろんワンちゃんと共に堪能できます。機内はケージの中からワンちゃんを出して利用することはできませんが、それでも飼い主さんが横にいてくれるという安心感は計り知れません。

前回はJALが鹿児島2泊3日で148,000円~、ANAが北海道で215,000円~ということでしたのでぜひ次回の開催の際には参加してみてくださいね。

愛犬と楽しい時間を過ごせるよう、ワンちゃんのこともきちんと考えた段取りで旅行にのぞんでくださいね。

関連記事はこちらもどうぞ。

一緒に連れていけないときは、ペットホテルの利用法 飼い主さんの口コミ体験談

 


スポンサーリンク

 

関連記事