ぶさかわ=ぶさいくだからかわいい?ぶさいくなのにかわいい?どちらにしろ、どこかほっこり温かみがあって、クセになるぶさいくちゃん。そのかわいさに一目ぼれして、愛犬に迎え入れる人も多いですよね。

古今東西の小型犬から大型犬まで、ぶさかわ犬たちを一挙にご紹介してみましょう!。

フレンチ・ブルドッグ

 

View this post on Instagram

 

あんずママさん(@buhianzu)がシェアした投稿

原産国:フランス

ぶさかわが流行り始めたころに人気が出て、今では人気犬種となってよく見かけるフレンチブルドッグ。ピンと立った耳が特徴的で、落ち着いた性格です。無駄吠えが少ないため飼いやすいと言われています。短毛で暑さや寒さに弱いので、散歩のさせすぎには注意が必要ですし、冬は洋服などがあるほうが良いですね。しわしわの顔に愛嬌があって、洋服によってまた印象が違ってくるのが可愛いところです。

ブルドッグ

 

View this post on Instagram

 

HAPPY FRENCHIES FULL OF LOVEさん(@ig_bullys)がシェアした投稿

原産国:イギリス

鼻ペチャの代表格、ブルドッグは大昔は皮が余ってもいなくて、アンダーバイトでもなかったのだそうです。でも、牛と戦うという本来の役目を終えて家庭犬になってからは、への字口のたるんだしわしわの皮膚がなんともチャーミングで、優しい性格の犬になっています。その性格から室内でとても飼いやすく、子供との相性も良いのだとか。飼い主に従順なのでその見た目とのギャップにキュン♪とやられてしまいます。

ブル・テリア、ミニチュア・ブル・テリア

 

View this post on Instagram

 

sparkymomさん(@sparkymom115)がシェアした投稿

原産国:イギリス

ブルドッグとテリアを交配させてできたのがブル・テリアで、その中でも小さいサイズの犬がミニチュア・ブル・テリアです。性格は穏やかなのですが、闘犬時代の勇猛果敢な一面が残っていて、敵とみなして一度噛みつくとなかなか離さないなど、頑固な面があります。ただ、一度信頼すると愛情豊かで子供にも優しい性格です。面長の顔に対して目が小さめで、斑点がついていることもあり、ひょうきんな表情をよく見せてくれるところがものすごくブサカワです。

ボストン・テリア

 

View this post on Instagram

 

RIKAさん(@rika_beedama)がシェアした投稿

原産国:アメリカ

ボストン大学のマスコットにもなっているボストン・テリア。繊細で嫉妬深い性格だと言われています。全体的にシュッとしていますが、やはり鼻ペチャさんで可愛らしい顔をしています。明るくやんちゃな部分があるので、その行動に癒されるのですが、若干吠えやすい面もあり、初心者向きではないと言われています。

 

View this post on Instagram

 

@ruby_kiiがシェアした投稿

原産国:日本

われらが日本を代表するブサカワ犬、狆!。室内犬に最適な性格をしていて、古くから愛玩犬として位の高い人々にも大切に飼われてきました。そのせいもあってか、ちょっぴり神経質ではありますが、賢くて人の様子をよく観察して自分のふるまいを決めています。鼻ペチャなのに豊かな長毛はとても綺麗で、愛嬌あるふるまいが人気でもあります。

パグ

 

View this post on Instagram

 

Yukako Hasegawaさん(@kona80929)がシェアした投稿

原産国:中国

顔の作りはくしゃくしゃっとしていてしわだらけ。古くからいる犬種の一つと言われていて、もとは結構大きかったのだとか。でも交配によって小型化し、今ではくりっとした大きなお目めとくりんと巻いた尻尾がキュートな室内犬になっています。明るくて人懐こいのがたまらなく可愛いです。しかも、時々いびきをかいて寝ていたりします。やっぱり鼻ペチャなのが影響しているのかもしれません。短毛で、ダブルコートで換毛するので抜け毛が多くてブラッシングが欠かせないのがちょっと大変かもしれませんが、それが苦にならないくらい、いい子で無駄吠えもなく、愛嬌があります。

チャウチャウ

 

View this post on Instagram

 

ココットベールさん(@cocottevert)がシェアした投稿

原産国:中国

フサフサもこもこの毛の中に、つぶらな瞳がかくれていて、舌を出したら青くてびっくり!という犬種です。チャウチャウは、かなり頑固で人に懐きにくいという性格をしているためか、中国では食肉犬とされていたようです。リーダーの一人にはよく従うけれど、それ以外の家族に懐かないなど、なかなかむつかしい性格なので初心者向きではありません。ただ、そのぶさかわな顔はとってもチャーミングですよね。

シャー・ペイ

 

View this post on Instagram

 

Alf さん(@alf_thepei)がシェアした投稿

原産国:中国

中国語でザラザラした砂のような皮といった意味をもつシャー・ペイ。全身しわしわなその見た目からくるのかもしれませんが、顔立ちがくぼんだちっちゃな瞳にかわいらしく大きな鼻で、表情が見えにくいのが特徴です。でも、そのなんとも言えない風貌と冷静な性格にギャップがあってとても愛らしい犬です。飼い主に忠実で愛情深く、警戒心も強いため、優秀な番犬になると言われています。ただ、そのしわしわの皮のお手入れは丁寧にしないと皮膚病になりがちです。

チャイニーズ・クレステッド・ドッグ

 

View this post on Instagram

 

@s2_dorin_mamerがシェアした投稿

原産国:中国

ヘアレスが特徴的なチャイニーズ・クレステッド・ドッグですが、実は長い毛が全身に生えているタイプもいます。ただ、ヘアレスの方は、トリミング済みのプードルのように、頭の部分と足先の部分のみに細い毛があります。知る人ぞ知るといった感じで、まだ日本ではあまり知られていない犬種ですが、そのユニークな見た目がとっても魅力的です。優雅な足取り、ほっそりした体ですが、当然ながら寒さに非常に弱いです。服で調節するなどしなければいけないのが手間ですが、性格は穏やかで、しつけがしやすいと言われています。

シー・ズ―

 

View this post on Instagram

 

Shigeki Kouikeさん(@aunshige)がシェアした投稿

原産国:中国

昔の中国では守り神として、王侯貴族の中で大切に飼われてきた由緒正しい室内犬。その長い毛で隠れてよく見えないかもしれませんが、鼻ペチャで、鼻の中心から菊の花のように周りに開くような特徴的な毛の生え方をしています。シーズーはトリミングでテディベアのように短くするもよし、長いまま毛並みを整えて気品あふれる姿にするもよし、いろんなスタイルを楽しめます。性格は大人しく賢いため、初心者には飼いやすいと言われています。

ペキニーズ

 

View this post on Instagram

 

♡coco♡さん(@__coco418__)がシェアした投稿

原産国:中国

シー・ズーの祖先でもあるペキニーズ。見た目も似ていますが、そのくしゃっと中心にまとまった顔は、よりぶさかわ度がアップしているかもしれません。シー・ズー同様、古代中国の宮廷で愛されてきただけあって、気位が高いのか、なかなか人に媚びなくて猫に似た性格だと言われています。そのため、初心者には若干しつけが難しいかもしれません。

ボクサー

 

View this post on Instagram

 

rikaさん(@rika_clover)がシェアした投稿

原産国:ドイツ

ドイツでも日本でも警察犬としても活躍中のボクサー。その風貌はしっかり堂々としていて、可愛いよりは少し怖い部分が多いかもしれませんね。でも、落ち着いた行動と明るい性格で、愛情深く服従心が強いわりに繊細です。一生懸命なのに頑固でちょっぴり抜けているようにも見える、おちゃめな一面を見せる行動や表情がとってもキュートです。

オールド・イングリッシュ・ブルドッグ

 

View this post on Instagram

 

Mayumi.Lさん(@mayumijams)がシェアした投稿

原産国:イギリス

オールドと名がついているわりに、最近になって作り出された犬種です。といっても、ブルドッグの祖先のいかつい時代をイメージしてアメリカで再現しようとしているものです。闘犬時代の怖そうなその外見をしっかり受け継ぎ、頑丈そうな太い足や胴がいかにも番犬といった様相になっています。のんびりした性格ですが、攻撃力もなかなかのものです。一度攻撃に転じると粘り強いため、噛んだらなかなか離さないといった特徴があります。一昔前の漫画によく棘付首輪で庭に繋がれた怖い番犬が描かれることがありましたが、それに近いイメージかもしれませんね。

マスティフ

 

View this post on Instagram

 

たっちんさん(@tatsuchin)がシェアした投稿

原産国:イギリス

いかにも番犬らしいがっしりとした大きさを持つマスティフは、ぶさかわいい、よりもぶさかっこいいの方が合っているかもしれませんね。物静かで忠実なのですが、しっかりしたしつけをしないと祖先の攻撃的な性格が浮かび上がってくるかもしれません。その顔立ちはたれ耳、たれ頬でヨシヨシしたくなるような困り顔をしています。

バセットハウンド

 

View this post on Instagram

 

NAO.Iさん(@milk_and_okra_the.basset)がシェアした投稿

原産国:フランス

たれ耳が長くて皮膚もたれ気味。胴長短足でひょこひょこ走る姿がなんともチャーミングです。狩猟犬だったのに、こんなに足が短くてウサギを捕まえられたのか?なんて思ってしまいますが、立派にその血を受け継いでいて、辛抱強く我慢できる一方、マイペースな一面もあり、ウサギを見ると追いかけていきます。困ったようなその独特の表情がとってもかわいいですよね。

秋田犬

 

View this post on Instagram

 

秋田犬桃次郎 akitainumomojirou&suzuさん(@sakanaya1707)がシェアした投稿

最後は、近年のぶさかわ犬の火付け役とも言える「わさお」に代表される秋田犬です。わさおは、2008年頃にテレビや各種メディアで紹介され、2011年には映画にもなり、ぶさかわ犬として爆発的に人気が出ました。最近、飼い主のおかあさんが亡くなってしまったのですが、今もおとうさんや息子さんと仲良く元気に暮らしているのだそうです。でも、そういえば秋田犬って、長毛なの?短毛なの?と気になる方もいらっしゃいますよね。わさおは長毛のボッサボサに見える毛を持っています。一方、最近ロシアのザギトワ選手に贈られた秋田犬は、短毛のようにも見えます。渋谷の忠犬ハチ公なんて、めちゃめちゃ短毛っぽいです。

犬種標準では、秋田犬基準からはずれてしまうのが『先天的に著しく長毛である犬』なのだそう。だから本来はわさおは秋田犬とは認定できない犬ということになっちゃうかもしれません。実際そう言われる方もいらっしゃるのだとか。でも、わさおのおかげで人気が出たことで、全国から長毛の秋田犬を飼いたいという問い合わせが殺到したので、多少取り巻く環境は違ってきているかもしれませんね。

また、逆に『先天的に著しく短毛』でも基準から外れるのだそうです。そうなると忠犬ハチ公もはずれちゃうのかしら?とか余計な事を考えてしまいます。まあ、種としてどうかはさておき、長毛の方はぶさかわに見えても、本来の秋田犬や先天的短毛の場合はけっこうりりしいハンサムなお顔立ちに見えます。どうしても長毛種が欲しいのであれば、ブリーダーさんを探して直接譲り受けるしかありません。長毛種は、秋田犬から時々先祖返りのように産まれてくるので数が少なく、競争率が高いのです。過去に秋田犬と樺太犬が交配され、混血となっているため樺太犬から受け継いだ遺伝子が優位になる時に長毛が産まれるのだそうです。

ぶさかわ犬の魅力

ぶさかわな犬って、血統書付きの犬にもいますが、それ以外のミックス犬にも多い気がします。偶然いろんな遺伝子が優位に働いて、ぶさいくなんだけど憎めない、なんだか可愛らしい感じになっているのではないでしょうか。ミックスは残念ながら捨てられてしまうことも多いので、案外里親を募集しているところなどには、より愛着のある外見をしている犬たちが多く集まっているかもしれません。子犬から育てるのもいいですが、愛嬌のある成犬を探してみると、自分にピッタリのパートナー、魅力的なぶさかわ犬に出会えるかもしれませんよ。


スポンサーリンク

 

関連記事