アウトドア好きな人もそうでない人も、ぜひ一度愛犬と一緒に行ってほしいのが、ワンコキャンプ!

普段とは一味違った非日常的な解放感は、飼い主にも愛犬にもメリットがあります。単なる旅行だと、どうしても人の目や気苦労が絶えない部分もあると思いますが、犬連れOKにしてくれているキャンプ場だと、しんどさレベルも低くなっています。飼い主が嬉しいと愛犬も嬉しくなって、お互いの絆がより強まることでしょう。

そんな良い経験ができそうな場所をご紹介してみましょう。

愛犬とキャンプのいいところ

愛犬とキャンプするって、準備が大変なのでは?とか、ルールがうるさそうで下調べが面倒!などと思ってチャレンジし辛く思っている方も多いかもしれません。でも、そこを頑張ってクリアさえすれば、大きな感動と、次のような素敵なメリットが得られるかもしれませんよ。

ワンコ的メリット

楽しー!キラキラ体験

愛犬だって、時にはストレス解消したい!と心のどこかでは思っているはず。・・・かどうかは不明ですが、なんとなくそう思っているのでは?と感じることってありませんか。特に都会の中で窮屈なルールに縛られがちな飼い犬たち。飼い主が仕事で忙しく、なかなか構ってもらう時間がとれない犬たちをキャンプに連れて行くと、とたんに目がキラキラと輝いてくるのがわかります。その劇的な変化からは時に、「純粋に楽しんでいる」というレベルを超えているのではと感じるのです。

飼い主さんと一緒の非日常体験が心と脳にGood

犬もキャンプでは野生の感覚に戻るのかもしれませんが、実に生き生きと思いっきり走り、はしゃぐ姿を見ることは飼い主にとっても嬉しいもの。時には見た事もない動植物に驚き、他の見知らぬ犬とのコミュニケーションをとることもあります。普段とはおもいきり違った場所で、想像もつかない経験をすることは、犬の心や脳にとって、良い影響を与えます。ましてや、大好きな飼い主さんと一日中そばに居られて、衣食住をいつもより濃密に共にできるのですから、それだけでも嬉しくてハッピーな気持ちになることでしょう。

飼い主さんだって嬉しいメリット

愛犬の新しい一面を発見

キャンプが好きな人はもちろん、普段では味わえないたくさんの魅力がそこにあるので、メリットとしては限りなくたくさんあることでしょう。でも、普段アウトドアはちょっと・・・という方も一度経験してみると、非日常の体験を通じて自分や家族、愛犬についての想像を超えた新たな発見があるかもしれません。なんといっても、ちょっぴり不便な体験をするわけですから、そこにはなんらかの成長が必ずついてきます。発見もあります。自分の能力をアップさせるとともに、綺麗な澄んだ空気や自然の香りを嗅ぐことで、心にも体にもやすらぎが得られるのです。

周囲に気兼ねなく楽しめてコスパ良し!

また、普段旅行をする時はホテルや旅館を利用することが多いですよね。ある程度こちらがグッズを準備するタイプのキャンプ場の場合は(最近人気のグランピングではなく)、ホテルや旅館よりも利用料金が安くすむことが多いです。一家でレジャーに行くことを考えると、コスパがいいことはとっても嬉しいですよね。

その他にも、仮にペット可のホテルや旅館だったとしても、やっぱり音や臭い、愛犬が粗相をしないかなどに気を使いますし、愛犬も他にペットが宿泊していればそのペットのことが気になって落ち着かなかったり・・・と、なにかと気苦労が多いですよね。でもキャンプであれば、ペット可かどうかはさすがに調べなくてはなりませんが、区画が広い、犬連れが多いなどの理由から周りへの気遣いレベルがぐぐっと下がります。自然の大地の上では粗相なんて気にしなくてよいです。まさしく解放感にあふれてゆったり過ごせ、愛犬が喜び普段とは違う姿を見られることもあり、飼い主さんのストレスがかなり解消されるという、最大のメリットがあるのです。

ワンコキャンプOKなキャンプ場(関東周辺編)

愛犬を連れて行ってもOK!みんなで安心して楽しめるキャンプ場も近年増えてきました。その中でも、関東周辺でピックアップしてみました!

森と湖のドッグリゾート&スパ エンゼルフォレスト那須白河

出典:エンゼルフォレスト公式HPhttp://www.ang-f-ns.com/dog/index.html

ワンちゃんにとって癒しの天国!とも言えそうな充実した施設がいっぱいのキャンプ場です。広くて大きな湖そばにあるドッグランは圧巻。屋内ドッグランや季節によっては雪上ドッグランもあり、天気や季節を問わず安心して遊ばせることができますね。また、オシャレなテントが既に設置済みですので、準備や後片付けの手間や時間もかからず、時間いっぱいまで愛犬と一緒にキャンプ気分を満喫できます。

区画が区切られたドッグフリーエリア(有料)内では、もちろんノーリードで一緒に過ごすことができます。

食事は、自分たちで調理しても良いし愛犬と楽しめるレストランもあり、自由に選べます。レストランでは、ワンちゃん用メニューもあり。

また、温泉や屋内プールもあるので、ほぼ手ぶらで犬も飼い主も楽しめます。温泉は犬も利用できる施設があり、さらにトリミングの利用もできますので、もしも連泊の間にきれいにしたいという場合にはあらかじめ予約をしておくといいでしょう。

部屋は清潔で嫌な臭いもなく、人間のアメニティだけでなく犬のトイレセットや大きなゲージ・おやつも準備されていました。玄関には犬が外に飛び出さないように柵も設置されているし、プライベートドッグランもありました。
引用:じゃらん https://www.jalan.net/yad310670/kuchikomi/?screenId=UWW3001&stayDay=&yadNo=310670&maxPrice=999999&dateUndecided=1&rootCd=7701&stayMonth=&stayYear=&contHideFlg=1&minPrice=0&callbackHistFlg=1&smlCd=072802&distCd=01

犬のバイキングも初めてで我が家の愛犬も喜んでいましたが、大型犬だとこれだけでお腹を満たすのは難しいので、ドッグフードと半々にしました。
温泉は広さ・清潔さ大満足です。
引用:じゃらん https://www.jalan.net/yad310670/kuchikomi/?screenId=UWW3001&stayDay=&yadNo=310670&maxPrice=999999&dateUndecided=1&rootCd=7701&stayMonth=&stayYear=&contHideFlg=1&minPrice=0&callbackHistFlg=1&smlCd=072802&distCd=01

場所:〒962-0692 福島県岩瀬郡天栄村羽鳥湖高原
TEL:0248-85-2552(予約専用)
公式サイトURL:http://www.ang-f-ns.com/

キャンプ場ほうれんぼうの森

風のゾーンの良いところは空がひらけているところ。日中の日差し対策は必要ですが、星空観察には最適です。
引用:mamaiinaブログ https://mamaiina.com/2380

 

View this post on Instagram

 

ほうれんぼうの森キャンプ場さん(@camp_horenbo)がシェアした投稿

 

View this post on Instagram

 

ポッポグラムさん(@popostar0921)がシェアした投稿

ペグやハンマーなども含め、各種アウトドアのレンタル用品もそろっていて、初めての方にも行きやすいキャンプ場です。場内を流れる小菅川を挟み、川遊びのできる川のゾーン、山遊びができる森のゾーン、風のゾーンなどがあります。オートキャンプサイトは川と風ゾーンです。ペットは2頭までです。

夜は真っ暗になって星空がとてもキレイな場所ですので、昼も夜も大自然を全力で満喫できます。

場所:〒409-0211 山梨県北都留郡小菅村2402-2
TEL:0428-87-0435(電話受付時間 8時〜16時30分)
公式サイトURL:https://www.horenbo.com/

北軽井沢スウィートグラス

View this post on Instagram

saito hoohさん(@saitohooh)がシェアした投稿

View this post on Instagram

mikaさん(@mika_s325)がシェアした投稿

広大な敷地にドッグランやツリーハウスがあり、イベントも力を入れているので春夏秋冬いつ来ても楽しめます。全ての宿泊施設でペットOKというのも嬉しい(ただし、室内フリーの部屋とそうではない部屋があるのであらかじめ確認のこと)。ペットシャワーもあるので、思いっきり遊んで汚れちゃっても安心ですね。

様々なテントサイトがあって選べるのですが、リードなしでのびのび走らせたい!という方はフリードッグサイトでテントを張ればOKです。柵がありますので、気兼ねなく開放感たっぷりでのんびりすごせますよ。犬は1部屋当たり2頭までです。

場所:群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢1990-579
TEL:0279-84-2512
公式サイトURL:http://sweetgrass.jp/

WILDMAGIC The Rainbow Farm

画像:


ベイエリアで夜景を楽しみつつ海や風を感じることのできるキャンプ場です。都会にいながらにして、手軽にキャンプできて、なおかつペット同伴可能なのが嬉しいですね。手ぶらで行ってもOKなバーベキューにも力を入れているようです。都会なだけあってエリアはさほど広くないのですが、中型犬2匹までOKですので、お友達を誘って行くのも楽しいですね。ただし、宿泊利用はできません。

場所:〒135-0061 東京都江東区豊洲6-1-23
公式サイトURL:https://wildmagic.jp/

サンタクロースの森「サンタヒルズ」

View this post on Instagram

Shinya Ohsawaさん(@matangoth)がシェアした投稿

こちらも手ぶらでもしっかり道具をレンタルしてくれる、キャンプ初心者にも安心な所です。ドッグメニューありのカフェやドッグランもあり、ペットと一緒に楽しいひとときを過ごせます。全サイトペット可なのも嬉しいですね。ただ、キャンプ場内ではリードでつなぐルールがあります。その他詳しいルールはHPでしっかり調べてから行きましょう。

楽しいイベントももりだくさんで、これぞキャンプ!という雰囲気がとても良い場所ですよ。クリスマスイルミネーションも冬になると楽しみの一つです。毎年11月上旬~翌年1月3日頃に実施されているようですので、愛犬とキレイな景色の中、思い出作りを楽しんでくださいね。

場所:栃木県那須郡那珂川町三輪967
TEL:0287-96-4622
公式サイトURL:https://santahills.co.jp/

Glee Club

 

犬とキャンプ
出典:ドッグフリーサイト グランピング https://glampingdog.eyado.net/
View this post on Instagram

Yaeko Narumiさん(@yae2)がシェアした投稿

こちらは、ちょっと一風変わったキャンプサイトです。なんと1泊1組限定!というから競争率は高そうですが、もし予約がとれたなら、その広々とした土地で愛犬とゆったりした時間を過ごすことができるでしょう。テントなどの設営も不要なので、女子会やお子様連れのママ会などもいいでしょう。シャワーも完備で、貸し切りならではの自由さでのびのびと過ごさせることができます。九十九里浜も近いので海も楽しめます。

もちろん道具類のレンタルもありますので、楽しみ方は自由自在。おもいっきり愛犬を走らせて閑静な雰囲気を満喫できますよ。

場所:千葉県東金市大沼田206
TEL:09058119872
公式サイトURL:https://glampingdog.eyado.net/

キャンプ気分が盛り上がってきたら、こちらも参考にしてみてくださいね。

犬連れキャンプ!みんなの過ごし方&体験談

犬連れキャンプの持ち物・注意点


スポンサーリンク

 

関連記事