トイレメッシュはトイレトレーとセットになって売られている事も多い、便利なアイテムです。子犬から飼い始めた場合のトイレトレーニングをする時に、トイレメッシュを使うと足裏の感覚が他の場所と違う事で覚えさせやすいという利点もあります。なによりおもちゃと勘違いしてトイレシートを噛んでしまうのを物理的に防げるので、誤飲という恐ろしい事故を防ぐことができますよね。

ただ、難点なのはメッシュの目の細かさからくる掃除のやりにくさ。これはもうどうやったら簡単に綺麗にする事ができるのでしょうか。そこがクリアできれば利点だらけになりそうなのですが・・・。

怖い誤飲については、こちらでも情報をまとめてありますので参考にしてみてくださいね。

愛犬がトイレシートを誤飲!シートポリマーが心配だけど

愛犬の誤飲で病院へ!ペット保険は保障される?

トイレメッシュを使うメリット・デメリット

トイレメッシュ使用のメリットとは

1:シート誤飲を防ぐマストアイテム

犬用トイレメッシュは、忙しい飼い主さんの強~い味方です。特に子犬時期のしつけはどれだけ気を付けていても、ふと一瞬目を離したすきにトイレシートをバリバリにしてしまって・・なんて話はいっぱい聞きます。

いつでも見ていられれば、びりびり遊びそうになったら止めるということもできるのかもしれませんが、普段仕事があって留守がちな家だった場合はそれもできません。困りますよね。四六時中トイレ番をするわけにもいかないので、トイレメッシュを使えばトイレシートをしっかり押さえてくれるので、マストアイテムでもあります。

2:トイレトレーニングがしやすい

犬にもよりますが、メッシュの足裏ざわりは他のフローリングや絨毯との違いがはっきりわかるため、ワンちゃんも「ここがトイレなんだ」と覚えやすいという事もあるようです。早くトイレトレーニングを終える事ができれば、他で粗相をしてしまっていた頃に比べると掃除がダントツに楽になりますよね。

トイレメッシュ使用のデメリットとは

1:オシッコしたかどうかわかり辛い

特に、メッシュ幅が広めで目の細かなタイプのメッシュに言えるのですが、少し離れた場所から見ると、愛犬がオシッコしているのかどうかがぱっと見にはわかり辛いです。目の錯覚もあるでしょうが、そもそも見えづらいのです。そのためトイレトレーニング中であれば、オシッコを正しい場所にした事をほめるタイミングを失ってしまう事もありえます。犬は行動の直後に褒めるなり叱るなりしないと理解できませんからね。

また、気付くのが遅れたために汚れたトイレシーツがそのままになってしまい、次に愛犬がトイレをしようとしても一度汚した場所を嫌がってはみ出したり違う所でしてしまうなんてこともあります。

2:掃除がわずらわしい

特に、長時間外出している間にメッシュの上にウンチをしていて踏みつけられてしまった!なんて場合は、掃除がとにかくやっかいです。細かなメッシュの網目にウンチが詰まったりひっかかったりするので、衛生的にも悪くなりがちですし、時間が経っていれば乾きかけているから余計に掃除し辛いですよね。

トイレメッシュお掃除の悩み

排便をした後、何度もその上を踏んでしまうのでメッシュの間に
詰まってしまい、帰宅後のお掃除(消臭剤とティッシュで拭く)をするのに
毎日多くの手間と時間がかかってしまいます。
引用:YAHOO知恵袋 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12131758142

コロッとしたウンチが出た直後にささっとティッシュで取れたら、ここまでしんどくはないかもしれませんが、人間、24時間犬の傍についているわけにもいきませんよね。特に仕事をしていれば日中は留守がちという方も多いのでは。「わかる~」という声が聞こえてきそうですが、メッシュの一番のデメリットはこの掃除のしにくさですよね。細かくひとつひとつの目を掃除しようとするとかなりの時間がかかってしまいます。

しかも、こんなの↓「あるある~」ですよね(笑)。

上から拭くと汚物がメッシュの下側にいってしまい、下から拭くとまた
メッシュの上側に移動するので行ったり来たりでなかなか綺麗にならないのです。
引用:YAHOO知恵袋 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12131758142

中には、綿棒でこまめに掃除するとか、歯ブラシを使って新聞紙の上に落とすなど、工夫をこらしてメッシュの目詰まりを綺麗にしようと努力されている方も結構いらっしゃいます。でもどの方法もやっぱり広範囲になると時間がかかるし、毎回毎日となると嫌気がさしてきますよね。

この記事を読んでいるということは、現在トイレメッシュ掃除に悩み中の可能性が高いと思いますが、そんな方に少しだけ朗報な口コミもありました。

うちも同じでした。最初は綿棒で掃除してましたが、それだけでは取りきれない汚れ方をしたので、洗うようになりました。
大変でしたが、それも最初の一月だけ。今10ヶ月になりますが、踏みません。ですから汚れません。
引用:dogoo.com https://www.dogoo.com/toukou/dogqa/faq_log/90013112.htm

そもそもワンコが大きくなるころには、ウンチを踏まなくなるので今だけの苦労だよ、ということらしいです。

トイレメッシュお掃除方法

今では洗面所でお水を流しながらたわしでごしごし擦ると簡単に奇麗に取れるので、洗い終わったらタオル(犬用)で拭いています。
ただし網の上にゴミや毛が着いている時は、ティッシュで軽く取ってから洗っています。
引用:dogoo.com https://www.dogoo.com/toukou/dogqa/faq_log/90013112.htm

一般的に、トイレメッシュ掃除の対策をするとすれば、おそらく水洗いが一番効率よいのではと考え付くと思われます。お風呂場などでシャワーで流しながらブラシやたわしを使って洗えば簡単に落ちてくれます。

ただ難点なのは、排せつ物であるという事でしょう。しかも人間のではなく、犬のもの。人によっては風呂場や洗面所を使うこと自体に抵抗がある方もいらっしゃると思います。

そんな方には、お掃除用のタライを使うという方法もあります。

スノコの大きさにもよりますが、全体がつかるタライのようなものに少々の水をはって数分浸した後(衣装ケースなどもOK)、
柔らかい素材の洗車ブラシや洋服ブラシで裏表をガシガシすれば、すぐに落ちてしまいますよ。
引用:dogoo.com https://www.dogoo.com/toukou/dogqa/faq_log/90013112.htm

洗面所やお風呂場に、直接汚物を流した水を流したくないのであれば、この方のように大きめのタライなどを用意して、そこに浸したあと、そのままブラシをつかってゴシゴシすれば良いと思われます。その後、タライの中身はトイレに捨てると衛生面の問題はクリアできるのではないでしょうか。

ペットを扱うプロの方も、お風呂場で洗ったあと、お風呂場の床にハイターを撒いて消毒するのだそう。タライの水洗いはその方法でクリアできそうです。

ただ、洗う回数が増えれば増えるほど面倒には違いないですよね。

庭がある一戸建ての方なら、さらに楽な方法として、庭の洗い場でささっと水圧を掛けつつ水洗いするだけで結構すっきりとれてしまうようです。

苦労も今だけですよ

確かに、庭で高水圧になる水栓で洗ってしまえば、簡単!なんでしょうけれど、街中にお住まいの方、マンションなどにお住まいの方は無理ですよね。そこで、やはりタライ方式か、お風呂場やシンクで流してその後床やシンクを消毒するという方法になりそうです。

ただ、すでにご紹介した口コミでも10か月に成長したらウンチは踏まなくなったからメッシュを洗うのは簡単になったと言う方もいました。さらに言えば、我が家のワンコもパピーの頃はトイレメッシュを使っていましたが、成犬になった現在、メッシュは使っていません。というのも、最初はトイレシートを破いて遊んでしまうためメッシュを使い始めたのですが、そのうちトイレシートで遊ばなくなったためです。人間と一緒で、ワンちゃんも成長とともに遊びの内容も変わるようなんです。

成犬になってもトイレシートで遊んじゃうという話はあまり聞きませんので、もし今トイレメッシュの掃除にうんざりしてしまったり、疲れて帰ってきたのに毎晩メッシュ掃除で泣けてくると言う方がいれば、もうちょっとの辛抱です。もう少ししたら、それも思い出になることでしょう。その日まで、ワンちゃんたちが成長するのを待ってくださいね。

 


スポンサーリンク

 

関連記事