愛するペットとの別れは身を切られるように胸が痛く、辛いものですよね。人間の家族が亡くなった時同様、手厚く弔って天国へ幸せに旅立たせてあげたいと思うけれど、遺骨をどう扱えばよいのか、何かタブーはないのかと心配になる方も多いようです。

年々ペットロスなどに苦しむ方も増えるくらい、ペットは人間同様に家族と考え、より手厚く供養する考え方が広まりつつあります。ではみんな遺骨はどのように供養し、弔っているのでしょうか。埋葬は?それともずっとそばに置く?

現代のペット遺骨事情を探ってみましょう。

愛犬とのお別れ後、遺骨はどうしてる?

埋葬して供養するパターン

愛犬の供養の方法については、個人の考え方や宗教的な観点でずいぶん違ってきます。

昔から一般的によく使われてきた方法は、自宅の庭に埋めるというもの。昔は比較的多くの人がサザエさんのように一戸建てに住んでいたり、地方であればあるほど庭も広く、長くその土地に住み続ける傾向が強いこともあって、ペットが亡くなると当たり前のように庭に埋葬するという家庭も多かったと思います。庭の片隅に埋葬されていれば、いつでも思い出せて供養しやすいという点や、金銭的な理由からも良い方法ではあったのですが、最近の住宅事情で都心部であればあるほど庭付き一戸建てに住んでいない人の増えましたし、だれもが選べる方法ではなくなりました。仮に一戸建てに住んでいて庭があったとしても、引っ越しなどの理由で一緒に連れていけない可能性を考えると、庭に埋葬するのも抵抗があります。また、すべての骨を埋めてしまうと傍に置いて供養できないので寂しいといった理由で、分骨して一部の骨を身近においている方もいらっしゃいます。

居室内で安置して供養するパターン

例えば次のような意見もあるようです。

私は先代ペットの遺骨(3頭)を全て自宅の居間に置いています。自分の居る場所がペットのお墓だと思っています。
当たり前にお水を供えて毎日お参りしてます。それを人から何と言われようが気にしないです。
先代ペットを忘れない事が今のペット達との幸せに繋がっているというポリシーもあります。
引用:YAHOO!知恵袋 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10150612000

傍に置く事で日々供養しやすく、いつでも祈ったり思い出してあげる事ができるという意味では、自宅に骨を安置するのも一つの方法です。

自宅で供養する場合、骨壺そのままで置くのはお客様が来た時などに印象が良くない、といった理由で骨壺に墓石風のオブジェを被せるタイプのメモリアルグッズや、骨壺自体がインテリアになじみやすいような工夫がなされているお洒落なタイプのものが複数売られています。そして、ペットとは言え、ある程度の区切りの良い日数(49日や1周期)を自宅で過ごし、それから霊園などに納骨される方もいらっしゃるようです。

身に着けるアクセサリーにするパターン

また他にも、

遺骨は四十九日まではお家で白木のお位牌と共に置いていましたが、
四十九日の納骨の際に 遺骨を少し分けていただき、今ではその遺骨をペンダントの中に入れ 首からぶら下げているので、毎日朝から晩まで一緒に居ることができます。
引用:YAHOO!知恵袋 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10150612000

という方もいらっしゃいます。

愛犬を一生傍に感じていたいという事で、人間でいうなら遺髪をペンダントにするような感じで骨を加工してくれる会社もいくつかあります。ペンダントだけではなく、リングやブレスレットなど、しかもいかにも骨入れ的なデザインではなく、日常的に身に着けていても違和感のないおしゃれなデザインのものが多数あります。

確かに生きているようだけど・・・なパターン

また、以前テレビでも紹介されていたのですが、ペットの生前の写真をもとに剥製を作ってくれる所もあるのだとか。生きていた頃の面影がそのまま残る分辛さも癒えにくいかもと考えると賛否両論ありそうですが、毛などはそのまま使っているので永遠にそばにいたい方には喜ばれているようです。

ペット霊園に埋葬するパターン

家ではペット霊園に頼み、納骨堂を確保してそこに納めてます。
初めての時は、もう火が入る直前になってから骨壷代がいくら年間供養費がいくらなどと、先に電話で問い合わせてたのより金額がつり上がって行きました。
父が「弱みに付け込んでるのか!まだ他にもあるから連れて帰る!」と言ったら・・・
金額が下がって¥28000に、黙ってたらいくらになってたのか。
引用:価格.comペット http://bbs.kakaku.com/bbs/-/SortID=11202803/

民間のペット霊園やペット葬祭業の業者には、悪質業者がいることも事実です。この方のように、相手の顔色や様子を見て値段を吊り上げるというのはよくある手段です。また、2010年の報道によると、埼玉県飯能市の元町議が営むペット葬祭業者が、「死体を火葬して骨にして返す」と約束しながら、実はペットの遺骸を山中に不法投棄、別の遺骨を飼い主に返していたという事件がありました。我が子のようにかわいがっていたペットの遺骸は不法投棄され、関係のない遺骨が渡されるという、残念な事件が起こっています。

民間のこうした業者に供養を依頼するときは、口コミや相手の対応の仕方をよくよく見極めたいものですよね。

公営のペット用火葬場がある自治体もあるようですので、そちらの方が安くて丁寧だという噂もあります。とはいえ、しっかり信頼できるペット霊園業者を見つけられた場合は、いつでも綺麗な霊園で動物たちと一緒に寂しくなく過ごせているイメージがあり、墓参りもできて満足しているという方もいらっしゃるようです。自宅まで会社のロゴなし専用車で迎えにきてくれて、近所の目に配慮しつつそのまま火葬に持っていき納骨という流れにしてくれるなど、様々なサービスもうまれてきているようです。

ニーズに合わせて愛するペットとのお別れの儀式を演出してくれるという意味では、ペット霊園に任せたいと感じる人も多いようです。

愛犬の遺骨、タイプ別おススメ選択肢

愛犬の遺骨をどうするか、大きく分けると次のようになります。

ペットの遺骨の供養法いろいろ

(ペット霊園で)
・納骨堂に収める
・個別の墓地へ埋葬する
・合同供養してもらう

(海、山、樹木葬などで)
・散骨する

(手元供養)
・自宅内に遺骨を安置
・一周忌や49日などに合わせてそれまでは自宅内に安置
・自宅の庭など敷地に埋葬する
・アクセサリー類に加工する
・自分の死後ペットと一緒に墓に入る
・剥製にする

他にもレアな方法はあるかもしれませんが、ざっくりと分けるとこのくらいでしょう。飼い主さんの気持ちが納得できればどのような弔い方でも良いのですが、迷うのであれば、次に考え方のタイプ別おすすめの選択肢をご紹介しますので参考にしてみてくださいね。

どれだけお金がかかってもいつまでもペットと離れたくない人なら

どんな供養でもそれなりにお金はかかりますが、まとまった金額がかかるけれどずっと傍にいられる方法のひとつが剥製という方法です。かかる費用は大きさによって違いますが、小型犬でも20万くらいはかかるようです。ひとつ気を付けなくてはならないのは、遺体の状態が良くて腐敗の始まる前で、火葬する前に依頼しなければならないという点です。ただし、死んでしまったからといっても愛するペットの身体にメスを入れたりすることが忍びない、という人には向きません。人間でも死後の臓器提供に抵抗のある方も多いでしょうから、なかなかこの選択肢を選ぶ人は少ないかもしれませんね・・・。

そんな方であれば、遺骨をダイヤモンドに加工してアクセサリーにしてくれるという方法もあります。これは海外で加工して日本の代理店が扱うという方法をとっているので、その分費用が高めになり、だいたい50万円ほどと値が張ります。火葬後の遺骨を加工して生涯輝き続けるダイヤになることと、これであればアクセサリー加工をすることもできますので、費用がかかってもいい人であれば選択しやすいかもしれません。

形を残すという意味では似ていながらも印象の全く違うこの二つの方法ですが、いずれもずっと傍にいられるというメリットがあります。

自然に返したいという思いが強ければ

自然に返すのであれば、自宅の庭に土葬するのも良い方法ではありますが、一戸建ての庭付きの家がある場合で、引っ越す予定がない場合という限定された条件になってしまいます。仮に自分が引っ越したあとは掘り返されても仕方ないと割り切れるか、一緒に掘り返して引っ越しするのであれば良いのですが、そうでなければやはり一生涯そこに住むことがほぼ決まっている人でないと自宅の庭への埋葬は難しいですよね。それに、今は生涯住み続けるつもりであっても、将来の保証は誰にもできないし自分が死んだ後もその場所を親族が引き継いでくれるかどうかは分かりません。

そこで、海または山に散骨するのもおすすめです。法律的には人間の骨は遺棄すると罪になりますし、産廃であればその辺へ捨てると不法投棄罪になりますが、ペットの遺骨の場合には、どこへ散骨しても特に罪にはなりません。とは言え、人様の土地で作物が近くにあるような所や、人が生活しているすぐそばに散骨すると気分を害する方もいらっしゃいますので、マナーとしては住宅地やその周辺に散骨というのはおススメできません。粉々に加工された骨を無害そうな海などへまく事をおすすめします。

仏教的な永代供養を望むなら

ペット霊園では、宗教に合わせて様々な祈りをささげるサービスを行っている所もあります。仏教的なお経を読んでくれて、納骨堂に収めた後数年間はしっかり供養し、その後合祀したり散骨したりと、人間と同じように供養してくれるのが一般的です。自分の死後、管理費をはらう人がいなくなったとしてもしっかり供養して欲しいなどの願いがある場合は、やはり永代供養をしてくれる霊園で管理してもらえると安心です。

埋葬しても常に傍にいて欲しいなら

基本的には埋葬してしっかり供養するけれど、それ以外にも自分の傍らにもペットの存在を感じたいと強く願う方も多いです。そんな方は、アクセサリーなどに加工してもらうのがおすすめです。

ペットを亡くしたすぐあとは、悲しみもひとしおですが、いずれ徐々にその心の傷も癒え、ペットとの楽しい思い出だけを時々思い出すくらいになってきます。そうなった時にキラキラと輝く綺麗なペンダントやブレスレットになって見守ってくれていると思うと、それだけで前向きに生きる力になるかもしれません。また、悲しくて仕方ない時もいつもここに愛犬がいる、と感じられるだけで癒されるかもしれません。

供養とは別に、一部だけでも傍にいて欲しいのであれば、アクセサリーとか、メモリアルグッズに加工してもらうと誰に遠慮する事もなく、違和感なく傍にいられるというメリットがあります。

きちんとしたお墓に入れたいと考えるなら

お墓を建てて供養したいのであれば、もちろんペット霊園で専門的に区画を買って供養する事も可能ですが、最近では人間用の霊園であってもペットとの合葬が可能な霊園も増えてきつつあります。まだ数が少ないのが難点ではありますが、特に先祖代々のお墓もなく、新しく作る時に親族や家族に反対されないのであれば、自分用の墓を購入し、ペットと一緒に入れて貰うという方法もあります。

ペット可の人間用霊園は、契約さえすれば先にペットだけ埋葬する事も可能です。先にペットを供養しておき、いずれ自分がこの世を去った時には死後の家であるお墓でペットと一緒に暮らすのも楽しいと考えられるかもしれません。

こちらの記事でもペットと一緒に入れるお墓について考えてみました。

愛犬とずっと一緒にいたい!ペット可霊園事情を紹介

愛犬と一緒に入るお墓、どうやって調べるの?相場は?

遺骨のまま自宅にいてほしいなら

自宅で安置する場合、反対する家族がいないのであればいつまででも置いておいても罪にはなりませんし、成仏しないなんてこともありません。考え方次第です。でも、いずれはどこかへ埋葬するなり、散骨するなりしなければならない時がやってきます。それは飼い主であるあなたが亡くなった時です。その時に、一緒に墓に入れるのなら良いのですが、そうではない場合、ペットたちの遺骨はどうして欲しいのか遺書に書いておかなくてはなりませんね。庭に埋めるのか、どこかに墓を作るのか、合祀してもらうのかなど、ゆっくりでかまいませんのでのちのちどうしたいのかを決めていきましょう。

家族も、いつまでも同じ家族とは限りません。子供や孫が産まれたり、状況次第でペットの遺骨をどうにかしなければならない時が来るかもしれません。自分と同居している家族がどんな風に感じるか話し合いを重ねつつ、最善の方法を考えてみてくださいね。

 

 


スポンサーリンク

 

関連記事