徐々に認知度があがりつつあるペットシッター。
とはいえ、そのサービスの性質から利用をためらうこともしばしば。

ペットシッターとはどのようなお仕事なのでしょうか?
また、実際に利用してみた経験者の方の声を集めてみました。

ペットシッターとは?

ペットシッターは、ペットホテルなどの店舗で運営されるサービスとは異なり、お世話するペットのいるお宅を訪問してお世話をするお仕事です。

対応が可能な動物やお世話の範囲はシッターさんによりさまざまですが、「ワンちゃんの朝の散歩だけ」「留守中の猫ちゃんのゴハンとトイレのお世話だけ」といった部分的なお手伝いをお願いできます

ペットシッターには国家資格などはなく、ペットシッターになるには、ペットシッターの派遣をしている企業に就職するか独立開業するかどちらかです。

ペットシッターは大きく 2種類

企業から派遣されるペットシッター

ペットシッターの派遣会社、ペットホテルやサロン、しつけ教室など、ペットシッターの派遣を行っている企業に就職することでペットシッターとして働くことができます。

企業の求人では正社員からアルバイトまで、ペット関連の有資格者やペット関連業務の経験者を募集していたり、または研修制度を設け未経験可という募集もあります。

独立開業している個人のペットシッター

個人で独立開業するためには、動物取扱責任者の要件を満たし自治体に「動物取扱業(保管)」の登録をすることが必要です。

動物取扱責任者になる要件として

  • ペットシッター(または関連のある職種)での半年以上の実務経験がある
  • ペットシッターとしての知識や技術について1年間以上教育する学校などを卒業している
  • 認定ペットシッター、ペットシッター士、トリマーなど環境省が認めている関連資格の有資格者

という3つのうちのどれかを満たしている必要があります。

ペットシッターはどんなことができるの?

ペットシッターへの依頼内容はお散歩や食事なども挙げられますが、シッターさんの知識やスキルによって対応が可能な範囲が変わってきます。
例えば、トリマーの資格や経験をお持ちのシッターさんが簡単なトリミングや爪切り・歯磨きにも対応してくれる、といったケースです。

また、依頼できるお世話の内容だけでなく、対応が可能な動物もシッターさんによって変わってきます
犬猫だけでなく小動物や爬虫類のお世話ができます、という方もあれば、猫のお世話は得意だが犬のお世話はあまり得意でないという方もいます。

ペットシッターはどんなときに利用する?

ペットシッターを依頼する状況の例をいくつか挙げてみましょう。

  • 仕事の都合で朝(夜)のお散歩の余裕がない
  • 忙しい時期、いつもの時間に散歩や食事の世話ができない
  • 急な訃報などで長時間家を留守にする
  • 体調不良で世話が行き届かない
  • 通っている動物病院やサロンまでの送迎ができない

猫ちゃんや小動物など、環境の変化によるストレスをより強く受けやすいペットであれば、よそのペットと一緒に過ごすペットホテルよりも、ペットシッターに自宅で必要なお世話をしてもらう方が良いのでは、と考える飼い主さんも少なくありません。

ペットシッターはどうやって探すの?

ペットシッターの派遣は、普段お世話になっているトリミングサロンやペットショップ、ペットホテルなどでも行っていることがあります。
もしくは、ネットで探すこともできますね。

ペットシッターの検索サイトなどで探すと、ペットシッターを派遣している会社や独立開業している個人のペットシッターの情報を探すことができます。
掲載されている情報や個別のウェブサイトで、料金や対応が可能な動物の種類、保有資格など、気になるポイントを比較して検討することが可能です。

ペットシッターの費用はどのくらい?

基本的な費用と料金相場

料金システムとして多いのは、「基本料金+出張料金+交通費」というパターンです。
基本料金の設定はペットの種類や頭数または時間単位など、基準はさまざまです。

調べてみるとおおよその相場は 1時間あたり

  • 小型犬や猫、小動物 3,000円前後
  • 中型犬~大型犬 4,000円前後

となるようです。

出張料金は、訪問先までの距離(時間)により区分された料金設定がされていることが多く、料金システムによっては「出張料金」という形での設定がないこともあります。
また、シッターさんの訪問にかかる交通費は実費精算となるところがほとんどです。

追加料金などその他の費用

すべてのケースで発生する費用ではありませんが、追加料金などその他の費用にはこんなものがあります

  • カルテ作成費用など、初回時登録費用
  • 投薬などの少し特殊なお世話がある場合の追加料金
  • 規定時間外の場合の追加料金
  • 時間の延長

またこれらの費用について、料金表には記載がなく利用規約などに記述がある場合がありますので、利用の際には契約書・利用規約などはしっかり確認しましょう。

頼んでよかった!体験談

ペットシッターの利用についてリサーチをして行くと、防犯面などが心配で迷っているという飼い主さんがまだまだ多い印象です。
では、さまざまな心配を乗り越えて利用してみた飼い主さんたちには、ペットシッターに依頼したことでどんな「うれしい!」があったのでしょうか?

人が大好きな子だったので、シッターさんがくると玄関まで飛んでいって遊べ遊べと大変だったそう
(中略)
膝に乗って眠られたりして帰るに帰れないこともあった
(中略)
一日に一度必ず連絡を入れてくれるのは助かりました
引用「Yahoo!知恵袋

うちの子のことも色々相談にのってもらったりして助かっています
引用「Yahoo!知恵袋

猫にとっては、ホテルに預けるよりも断然ストレスはなかったよう
引用「OKWAVE

シッター記録も「他人から見たら、こういう風に見えるんだ!」と読むのが楽しく
引用「発言小町

心配ごとさえ乗り越えれば、とっても頼りになる!

注目は集めつつも、まだ誰もが当たり前に知っているというほどには浸透していないペットシッター。

心配ごとを乗り越えて信頼できるシッターさんを見つけた飼い主さんたちの声には、依頼したお世話で助かっただけでなくシッターさんならではの視点によって新たな発見があったり、シッターさんの持つ知識で助けられたりと、頼りにしているという声も多くありました。

利用を検討しているならば、安心してお願いできる態勢を整えて一度試しにお願いしてみるのも良いかもしれませんね。

 

ペットシッターを探すとき、お願いするときのチェックポイントや注意点が気になる方はこちらも参考になさってください。

※ ペットシッターとのトラブル SOS

 

 

 


スポンサーリンク

 

関連記事