corinaselberg / Pixabay

ワンちゃんは人間のように器用に手を使うことができないため、目の前にあるものが何なのか、口の中に物を入れることで対象を知ろうとします。子犬の頃の甘噛みならまだしも、大きくなったときに噛まれると例えワンちゃんは遊んでいるつもりでも、人や物を傷つけてしまいます。そこで噛み癖をしつけてあげる必要がありますね。

 

 
※この記事と併せて読むならこちらの関連記事もどうぞ。

愛犬にこんな症状が出たら熱中症かも!?

愛犬の熱中症の後遺症にも注意!

愛犬のマダニが!どうやって取るの?

愛犬のマダニ予防の方法は?

ワンちゃんが噛む理由

ワンちゃんが物を噛むにも様々な原因があります。噛む事により、飼い主さんに何かを訴えていることもありますね。では噛む行為にはどのようなものがあるのか見ていきましょう。

甘噛みをする

子犬の時期は、ほとんどの飼い主さんが甘噛みをされていたのではないでしょうか?子犬の頃は噛まれていても痛いと思うことは少ないのでついデレデレと噛ませてしまいますね。しかし、甘噛みは成犬になっても治りません。そのため子犬の頃にきちんとしつけをしないと後で痛い思いをすることになるかもしれません。

ワンちゃんが甘噛みをするのは小さい頃を母犬からお乳をもらっていた頃の名残りです。小さな頃から兄弟犬などと一緒に育つと兄弟犬との交流を通して、噛む強さを調節できるようになります。しかし子犬の頃から1匹だった場合はどのくらいの強さまでが噛んでも大丈夫なのかを認識することができないため成犬になっても強く噛んでしまうようになるのです。

人の手を噛む

何もしていないときに人の手を噛んでくるときは、「遊んで!」の意味がほとんどです。飼い主さんの手は自分を構ってくれるものと認識しているため、何かを要求するときには人の手にアピールをすることがあるのです。

人の足を噛む

ワンちゃんの目線、特に小型犬の目線は人の足がすぐ目に入る高さです。飼い主さんが歩くと目の前の足が動きますよね。ワンちゃんは目の前で動くものを追う本能があるため、飼い主さんの足と遊びたくて噛む事があります。

破壊行動により噛む

ワンちゃんにストレスが溜まったりすると出る噛み癖です。子犬の頃からの噛み癖の延長でやってしまうワンちゃんもいます。トイレシートをビリビリにしたり、家具を噛んでボロボロにしてしまう子もいますね。

威嚇により噛む

歯磨きやブラッシングなどのお手入れが嫌で噛んだり、知らない人や他のワンちゃんが苦手でつい牙を剥いてしまったりします。…これらは抵抗の意思表示をしている場合が多く、相手に自分の意思の表すために噛んでしまうことがあります。

大抵の噛み癖はこのどれかに当てはまります。その中でも威嚇により噛むときは他人を傷付ける恐れもありますので、そうなる前にも十分にしつけておく必要がありますね。

それぞれの対処法

ワンちゃんは噛む生き物なので子犬の頃に多少甘噛みされるのは仕方ありませんよね。そう思って放っておくと、成犬になってからでは治すことができなくなったり、時間がかかってしまいます。子犬の頃にきちんとしつけをしておくようにしましょう。

甘噛みをする場合

子犬の頃は歯の生え変わりもあり、口全体がむずむずして噛みたいという欲求が強まります。そのため、全てが生え変わるまでの多少の噛みは仕方のないことです。
それでもしつけは大切なので、まずはワンちゃんとおうちで遊びながらしつけていきましょう。

おもちゃで遊ぶ時のポイントはある程度のおもちゃで遊ぶことと、リードを付けておくことです。例えばボールであれば手とおもちゃの距離が近いためボールと一緒に手を噛んでしまうことがあります。手が噛まれたときは「痛い!」と言って遊ぶのを止め、無視します。ここまでは一般的なしつけですよね。

しかしこれだけでは終わりません。そのまま狭い人間のトイレや風呂場などに連れていきましょう。ワンちゃんはその場で無視をするだけでは飼い主さんが怒っていることには気付きません。広い部屋などではそのまま自分だけで遊ぶこともできるため罰とは言えないのです。狭い部屋などでひとりきりにされると遊ぶものもないため、「人の手を噛んだらつまらない部屋に連れて行かれる」と嫌がるようになります。これが意外と効果的なのです。リードを付けておくのは狭いところに連れていきやすくするためなので、リードをしてなければあまり意味がありません。

破壊行動を起こす場合

まず始めに大切になるのが、壊れやすいもの、壊れてしまっては困るものをワンちゃんの届くところに置かないことです。ワンちゃんは1度破壊行動をするようになると治すのがなかなか難しくなります。ソファーなど動かせないようなものは上に破られてもいいカバーをかけるなどして事前に対策をしておきましょう。また、木の家具をボロボロにしてしまうようならアルミの家具に変えるのも有効です。

威嚇により噛んでしまう場合

威嚇する対処を徐々にワンちゃんに慣らしていきます。
例えば来客者に噛みつこうとしてしまうなら、まずはケージ越しに触れさせてワンちゃんの警戒を解いていきます。ワンちゃんが威嚇するのを和らげたらきちんと褒めてあげます。また、おやつなどのご褒美をあげましょう。威嚇対処であった来客者からおやつをあげるとより有効です。ワンちゃんにその人と仲良くすればいいことがある!と印象付けていくようにして徐々に改善をしていきます。

どの方法にも共通しますが、今まで噛んでいた対象に対してそれをしなくなったらきちんと褒めてあげることが大切です。少しでもできたらおやつをあげて、次にそれ以上できたら更にご褒美をあげましょう。
叱りつけたりするのは逆効果です。ワンちゃんが嫌なことをしたときは無視をするようにして、怒りを示してあげることでワンちゃんもそれがだめなことだと学んでいきます。

しつけでやりがちなNG行為

マズル(鼻先から顎にかけて)を押さえつける

特に甘噛みに対して言われる一般的な方法です。しかし実際、効果はあまりなく人の手を嫌がるリスクが高まります。それにより撫でようとした手さえも怖がるようになったり、手に威嚇して甘噛みではなく本気噛みに発展することも珍しくないのです。また、ワンちゃんの口の中に手を入れるのも人の手を嫌がる原因となるのでやめましょう。

無理やり続ける

諦めずに続ければ、いつかは慣れます。が、そのやり方が大事です。やってしまいがちなのがワンちゃん同士が交流するときの落とし穴です。慣れさせたい、遊んでほしいという思いが強すぎて、ワンちゃんが怖がっているのに無理やり他の犬と引き合わせていませんか?これに気付かず続けてしまうと相手に攻撃したり、トラウマを持ってしまう危険性があるため余計注意が必要です。

噛み癖をしつけた方の体験談

失敗例

生後四カ月頃、とにかく人の手や足などなんでも噛んでいました。よく良いことをしたら褒めてなでてあげるといいと言いますが、撫でようにもその手をガブガブと噛んでくるので、触ることもためらうような状況でした。(中略)サイトに書いてあった通りギュッと犬の口を掴み、叱ってみました。
すると、ものすごく嫌がって頭を振り、何とか抑えたはいいものの、大人しくなったからと手を離した瞬間即ガブッ!と反撃のようにひどく噛んできました。
私以外にも家族が何度も試しましたが、皆一様に手を離した瞬間ひどく噛み返され、次第に犬は人間の手自体を警戒するような素振りを見せ始めました。
また強く叱ったりすると逆切れして激しく吠えるようになり、しつけ前より明らかに悪化させてしまいました。

成功例

そして上記のような失敗例から、

このようなことがあってさすがにおかしいと思い、上から押さえつける高圧的なしつけはうちの柴犬のような我が強いと言われる和犬には合っていないのだと考え直し、全く逆の方向性で犬と接するようにしました。
とにかく常に優しく、叱ったりもせず、犬の意思をできるだけ尊重し、噛んできてもよっぽど痛いときにだけ小さい声で「痛いよ」と言うだけで、一切動じずに無抵抗でいることを徹底しました。
すると、私たち家族を信頼してくれたのか、次第に噛まなくなり、普段から穏やかでいることが増えました。
一歳になる頃には甘噛みさえ全くしなくなりました。
とにかくしつけはあれこれ押しつけるよりも犬との信頼関係を作ることが一番大事なのだと思います。

引用サイト:http://inunositukekatakyousitu.com/20160317-1/

 

こうしたことからもわかるように、対処法は犬種や個体によっても様々です。特にNGとされていることは余計に悪化させかねませんので、正しい方法でしつけをしてあげる必要がありますね。
しつけをするにあたって重要なのはワンちゃんとの信頼関係です。そのことを忘れずに、ワンちゃんが他人を傷付けることのないようきちんとしつけてあげてくださいね。


スポンサーリンク

 

関連記事