ワンちゃんにもメンテナンスを

トリマーという職業が存在しているように、ワンちゃんも人間と同じように定期的なメンテナンスが必要となります。特に暑い夏の季節は普段長毛なワンちゃんでも少しでも短くして暑さを凌がせてあげたいですね。

サマーカットとは?

夏用に普段より毛を短くカットしてあげたり、部分的にカットをして、ある程度熱を逃がしてあげることを言います。長さが決まっているわけではなく、スタイルも様々あります。

サマーカットをしてあげる犬種

通常トリミングであれば、主な判断基準はシングルコートであることです。
被毛が「下毛(アンダーコート)」と「上毛(オーバーコート)」の二層構造のようになっているものはダブルコートです。シングルコートであると下毛が発達していて毛が抜けにくいのが特徴です。シングルコートの犬種には毛が伸び続ける犬種が多いため、定期的なトリミング必要になります。

シングルコートの犬種は定期的にトリミングに行くため、夏前にわざわざカットを。ということはありません。そのため、夏前にサマーカットに行く犬種は普段トリミングをしないダブルコートの犬種が多くなります。
代表的な犬種は下記です。

  • トイ・プードル
  • ポメラニアン
  • ミニチュアダックスフンド
  • ゴールデンレトリバー
  • 柴犬

など
その他の犬種でもあまり見かけないというだけでサマーカットに連れて行っている飼い主さんもいますね。
サマーカットをするかどうかはワンちゃんの毛量や様子を見て決めるのでもいいでしょう。

※この記事と併せて読むならこちらの関連記事もどうぞ。

注意!愛犬のサマーカットそれで大丈夫?

サマーカットのメリット・デメリット

サマーカットをすることはもちろんいいことでもありますが、暑がりだからという理由で丸刈りにされるワンちゃんも多いですよね。これはちょっと注意です。一歩間違えるとワンちゃんの健康を害してしまうこともあります。そんなサマーカットのメリットとデメリットを見てみましょう。

メリット

サマーカットをする1番のメリットはお手入れがしやすくなるということです。毛を短くすると抜け毛も少なくなり、毛玉もできなくなります。汚れたときには簡単にササッと洗えて乾かす時間もかからないため、飼い主さんにとっては良い事が多いです。

長毛種のワンちゃんは夏の時期にしっかりとお手入れができなければ身体を清潔に保つことができなくなってしまいます。
特に、熱がこもって毛玉になってしまったところは汚れがたまりやすく、皮膚病などの原因になってしまいます。
毎日こまめなブラッシングをしてあげると適した被毛量が残りますので、それを参考に切ってあげるとワンちゃんにも理想の長さを残すことができます。

デメリット

ワンちゃんの毛には気温や直射日光から皮膚を守る役割があります。その他にもノミやダニなどの虫が皮膚につくのも防いでくれます。サマーカットで毛を短くしてしまうとその機能が失われてしまいます。そして毛を短く刈りすぎることにより、ワンちゃんが余計に暑く感じてしまう場合もあるため、長さには要注意です。

部分的なサマーカットも効率的

ワンちゃんは暑くなるとお腹を冷たいところに当てて身体を冷やしています。そのため、お腹や腋の下、後ろ足の付け根などは他のところより短くしてあげたり、薄く梳いてあげることにより身体を冷やす効果を高めることができます。
たれ耳のワンちゃんの場合は耳の内側の毛を短くカットすることにより、通気を良くして蒸れを防ぐこともできます。

サマーカットをする際の注意点

熱中症対策

サマーカットしているから大丈夫。という考えはとても危険です。いくらサマーカットをしてあげても基本的な熱中症対策ができていなければ意味がありません。
夏楽しくワンちゃんとお出かけするためにも、十分な対策をしてあげましょう。

ノミ・ダニ・フィラリア予防

サマーカットをすることにより、普段被毛に守られている皮膚が表に出ているため害虫の侵入を防ぐ必要があります。
夏場だと蚊にさされることもあるため、虫除けスプレーをするなど対策をしっかりとしてあげましょう。
短く刈り上げなどをした場合には皮膚を守るためににも、外出時には熱中症対策用のクールベストなど着させてあげるものいいですね。

身体の冷え過ぎにも注意

室内で飼われているワンちゃんはエアコンの影響を大きく受けます。涼しい環境の中で短く刈り上げられたサマーカットだと、ワンちゃんの身体を必要以上に冷やしてしまう場合があります。寒さで風邪を引いてしまうワンちゃんもいますので注意してください。エアコンを使うときは適温を保ち、冷えている様子であれば洋服を着せて体温調節をしてあげる必要があります。

直射日光を避ける

短く刈り上げたサマーカットの場合には被毛で直射日光を防ぐことができません。長時間皮膚に日光が当たることで、サマーカットをする前より体温が上昇して熱中症になってしまうこともあります。

毛質の変化

普段トリミングをする必要のないワンちゃんはサマーカットをすることにより、被毛の毛質が変化してしまう場合もあります。
犬種によっては、一度カットしてしまうと二度と伸びてこない場合もあります。バリカンで全身を刈り上げる際は、トリマーさんから被毛の変化について十分な説明を受けるようにしましょう。

ワンちゃんの体毛は実はそんなに暑くない!

オーストラリアの研究では、快晴の38℃の日に長さ8cmの被毛で覆われた羊の体温は高くても42℃で止まることを確認されています。被毛の先端は輻射熱により85℃まで高まっていても、空気を踏んだ厚い被毛が断熱材の役割を果たして熱中症から守ってくれるのです。
日本の羊も毛刈りは3月~5月の頃に行われており、夏に毛刈りをすることはありません。
犬も全く同じで、冬だけでなく夏の暑さ対策においても被毛は優れものなのです。
出展:動物病院救急ネットワーク

ワンちゃんの被毛は断熱材と同じです。人間のように汗で体温の調節がスムーズでできないため、なるべく気温の影響を受けないようにすることで自営をしているのです。

サマーカットにした人の体験談

シャイロくん

キャバリア・キングチャールズ・スパニエルのシャイロくんです。

引用サイト:https://ameblo.jp/jhis-la/entry-11548846130.html
シャイロくんはルビーという毛色で珍しい赤褐色の毛をもつワンちゃんのようです。
毛量が多くすごく抜けるため、1年に1度ぐらい・・・ということでサマーカットにチャレンジ。名付けて「ライオンカット」です。暑がりなシャイロくんには丁度いい長さのようです♪

ミッキーくん

ミニチュアダックスフンドのミッキーくんです。

引用サイト:http://blog.livedoor.jp/tomo_mickey/archives/51955277.html
飼い主さんがおうちで綺麗にカットしてあげてくれて、とても嬉しそうです。
カット用の板を敷いてあげるテンションがあがりよってくるみたいですね!丸刈りカットではなく、ワンちゃんのことを思った薄めのカットの仕上がりになっています♪

※犬種別のサマーカットはこちらを参考にしてみてください。

トイプードル編

チワワ編

ポメラニアン編

いかがでしたでしょうか?賛否両論あるサマーカットですが、ワンちゃんに合せて適度に行ってあげると飼い主さんにもワンちゃんにもいい結果となりますね。サマーカットをするときには上記で述べたデメリットがあることを頭に入れ、注意点に気を付けながらしてあげるようにしましょう。


スポンサーリンク

 

関連記事