愛犬がチャバネを口に咥えてにかっとしている・・・そんな情景に出会うと鳥肌が立つ人は多いのではないでしょうか。もしも愛犬がうっかりゴキブリをかじってしまっていたらショックですよね~。

見た目的にもアレですが、そもそもゴキブリって害虫と言われるくらいなのに食べても大丈夫なの?とか、ホウ酸団子をかじっているかもしれないゴキブリをさらに犬が食べたらしんでしまうのでは?と心配になってきます。

実際、どの程度危険なのか、どう対処すれば良いのかなどをまとめてみました。

ショック!愛犬がゴキブリを飲んじゃった!

意外と安全?なゴキブリ事情

ゴキブリってぬらぬらテカテカしていますし、害虫と言われるくらい人間にとっては最悪の生き物です。隠れ場所として好む場所が、不衛生で雑菌がたくさんいる場所でもあることから、家の中を徘徊されるとその菌をバラまかれてしまうという悪影響があります。また、家の中に出没してコードや配線などいろんなものをかじってしまうという実害もありますよね。

とはいえ、実はゴキブリだって立派な昆虫なんですよね。そう、チョウやカブトムシ同様、子供が大好きな「昆虫」の仲間なのです。世界的に見ると、ペットとして愛好家に飼われていたり、食用として売られている地域だってあるくらいです。つまり、何が言いたいのかというと、実はゴキブリ自体は食べてもなんら問題のない昆虫だったりするのです。

殺虫剤がかかっているゴキブリはさすがにまずい?

自然界に存在するゴキブリそのものは、間違って犬が食べてしまったとしても健康を害するものではない事は間違いありません。とはいえ、ゴキブリの住環境によっては多少の菌がついていて、そのせいでおなかを壊すくらいはあるかもしれません。それよりももっと怖いのは、殺虫剤がかかっているとか、ホウ酸団子をかじっているかもしれないゴキブリです。殺傷成分がついたゴキブリを食べれば、少量とはいえ犬の体内に薬剤が入る事になります。

あれだけしぶといゴキブリ・・・それを一網打尽にしてしまうゴキちゃんよう駆除剤ですので、かなりの猛毒なのではと思われがちな殺虫剤です。ところが、実はゴキブリ用駆除剤は哺乳類には意外と害が少ない物だと言われています。

まあ、考えてみれば当然ですよね。殺虫剤ってスプレータイプが多いですが、それを噴霧するたびに薬剤が床や家具、壁紙などに付着することもあり得るわけで、あまり毒性の高い成分を使っていればお子さんのいらっしゃるお宅で使えないということになってしまいますよね。もちろんゴキちゃんには毒性があるとはいえ、たくさんの量を直接吸い込むなんてことをしない限りは、人体にはほぼほぼ体調に変化はありません。ましてや、少しの殺虫剤がふりかぶったゴキブリに残っている殺傷成分は実に少ないはずです。

毒物を食べているゴキブリを犬が食べたら死んでしまう?

ゴキブリ駆除剤の宣伝を見ていると、ゴキブリが餌を巣に持ちかえって、さらにほかのゴキブリにも効くとかいうものもありますよね。ってことはよほどの毒性がある?と思いますが、これまたそこまでの心配は不要です。ゴキブリがかじった程度のホウ酸団子の量であれば、まず死ぬことはありえません。

ホウ酸は,アリやゴキブリの駆除を目的として,ほう酸だんごとして使われています。ホウ酸の濃度10~20%が殺虫効果は強いといわれています。ほう酸の経口中毒量は成人で1~3g,経口致死量は15~20g,幼児5~6g, 乳児2~3gといわれ,健康な皮膚からは吸収されないが,炎症を起こしている粘膜や皮膚や胃腸からは容易に吸収されます。
引用:教えて薬剤師さん http://oshiete-yakuzaishi.com/accidentalingestion/86.html

とありますが、一般的にホウ酸を食べてしまった場合、体重1キログラムに対して2~3gが致死量です。ゴキブリのかじった量であれば、どんなにおなかいっぱい食べていたとしても犬にとっての致死量には至りません。

死なないという意味では大丈夫だけど異変を感じたらすぐに病院へ

あまり考えたくないことではありますが、愛犬がうっかり殺虫剤のかかっているゴキブリやホウ酸団子を食べた恐れのあるゴキブリを食べちゃった!なんてことがあれば、念のため病院で診察を受けてみた方が良いです。別に直ぐに死ぬのでは?といった意味ではありません。そこは安心して、落ち着いて行動してください。

病院へ行った方がいい理由は、いくら毒性が低くても、アレルギー症状が出たり、異物だと体が判断して下痢などの症状が出る可能性があるからです。体調に変化が出てしまう事もありますので、少量とはいえやはり薬剤を飲み込んだ疑いがある場合は病院へ行く方が良いのです。

ホウ酸団子やコンバットなどのゴキブリ駆除剤を飲んだら

薬物を飲んでしまったら一刻も早く病院へ!

ホウ酸団子やゴキブリ駆除剤は、ご存知の通り毒物です。致死量が体内に入ると死に至ります。もちろん、量が少なくて死に至らないまでも体のあちこちに様々な影響が出てきます。そのため、誤飲しないような環境作りが一番大切なのですが、万が一愛犬がこうした薬剤を飲み込んでしまったなら、一刻も早く病院へ行ってください。自己判断で吐かせようとすると余計に危険です。

含まれる薬剤によって、それほど危険ではないものもありますが、素人が判断することは難しく危険です。どの様なものであっても、まずは獣医さんに診てもらうか相談する方がいいのです。

動物病院へ行くときに、ワンちゃんが飲み込んだらしい駆除剤やホウ酸団子の残りがあればそれを持って行き説明しましょう。薬物によって治療法、対処法が変わってくるので、原因が特定できているほうが対応がスムーズです。

もし、すぐに病院へ行けないような状況であれば、とりあえず電話で応急処置の指示を仰ぎましょう。一刻を争うのか、そうでないかの判断は素人には無理です。可能な限り速やかに専門家の判断を仰ぐようにしましょう。

ホウ酸団子をかじっちゃった!体験談

ホウ酸団子の場合、ホウ酸団子の大きさのわりに含まれるホウ酸の含有量はそれほど多くはありません。ホウ酸団子そのものがホウ酸でできているわけではなく、ほかの原料に練りこんであるからです。そのため、仮に犬がホウ酸団子をかじってしまったとしても、致死量に至るとは考えられません。よっぽど、ホウ酸団子を大量に食べてしまったのなら話は別ですが、そんなにおいしいものでもないでしょうし、ホウ酸団子を大量においているお宅もないでしょうからね(笑)。そのため、夜間などで動物病院の診療時間外にホウ酸団子をかじったからと言って、夜間救急動物病院へ行かなくちゃ!というほどではありません。

実際に、ライターの愛犬がホウ酸団子をいたずらしてかじってしまったことがあり、最初はあせりましたが、かかりつけ医に電話で相談したところ、かじった量からしてそれほど慌てないで大丈夫と言われました。夜間であったこともあり、様子を見ることにしましたが、結局特に愛犬の体調に変化もなくそのままで済んでしまいました。

お水をいつでも飲めるように準備して

ホウ酸団子は、摂取すると脱水症状を起こし死に至るものです。そのため、犬がかじった場合、量によっては多少水を欲しがるかもしれませんが、その場合には水を飲ませて腎臓機能によって体外にホウ酸成分が排出されるようにしましょう。

ワンちゃんがいれば、いつでも新鮮なお水が飲めるように用意されているとは思いますが、お水が空になっていないか、どれくらいの量の水を飲んでいるのか、飼い主さんがチェックしてあげて、あまりにもいつもと様子が違ったら病院で診てもらうようにしましょう。

何よりも予防措置として危険物は犬のそばに置かない事が大事

殺虫剤やホウ酸団子などの薬物・毒物は、言うまでもなく誤飲すると危険なものです。犬の場合、いくらしつけをしっかりしていても、何かの拍子にかじってしまったり、飲み込んでしまう事も多々あります。人間の赤ちゃん同様、好奇心でいっぱいの犬は、本能のままに動いてしまう事もあるのです。

犬が生活している圏内や、届く場所はもちろんのこと、犬に見えやすい場所にも置かず、しっかり鍵付きの棚に収納するなど対策をとりましょう。

取れないだろうと思っていたら予想外に飛びつき、届いてしまった!という事故も多発しています。ゴキブリ駆除をしたいからといって、ホウ酸団子を見える場所にあちこち放置するのはとても危険です。置く場所を工夫するか、置くのであれば愛犬の生活圏を別にするかして、犬の健康を守ってあげてくださいね。守れるのは、飼い主であるあなたしかいないのですから。

その他にも、犬が誤飲しやすいものについてチェックしておくといいですよ。そんなものまで!?ということもあるようです。

要注意!犬が誤飲しやすいものをしっかり管理しよう

犬の誤飲物はいつ出てくる?何日以上出なかったら病院へ?


スポンサーリンク

 

関連記事