事前に飼育本やインターネットで調べたり、経験者に聞いておいたり、準備は万端!
それでもいざワンちゃんと暮らし始めると、ふと疑問に思うことはいろいろありますね。

その中のひとつが、ワンちゃんのシャンプー。
健康面なども考えて、実際にはどのくらいの頻度でシャンプーすれば良いのでしょうか?

 

※この記事と併せて読むならこちらの関連記事もどうぞ。

正しいしつけの手順は?

愛犬のマダニの取り方は?

愛犬のマダニ予防の方法は?

Sponsored Link




 

犬のシャンプー、頻度と必要性は?

マメにお風呂に入って清潔に保つこと。
健康でいるためにこれが必要なのは、人間でもワンちゃんでも同じですよね。
人間であれば、毎日でも入るお風呂。
ワンちゃんの場合はどうなのでしょうか?

長毛・短毛と種類はあれど、全身を毛で覆われているワンちゃんたち。
この体毛には、空気中の汚れやニオイが付着します。
体毛を清潔に保たなければ、皮膚炎などの皮膚トラブルの心配もありますし、汚れた毛を舐めたことによって健康を害する心配もありますね。

また、ノミやダニといったトラブルも心配です。

とはいえ、ワンちゃんのシャンプーの頻度の目安というと、「月1~2回」「週に1回くらい」など、飼い主さんだけでなく獣医さん、犬情報を扱っているサイトなどで見解にバラつきがあり、調べれば調べるほど分からなくなることも。

また、「月に1~2回」と聞いたのでそれを守っていたけれど、ニオイが気になったり皮膚疾患にかかってしまったなどのトラブルを抱えて「じゃあどうしたらいいの?」となることも。

一体、ワンちゃんに本当に必要なシャンプーの頻度って、どのくらいなんでしょうか?

多すぎても少なすぎてもダメ?正しい頻度って?

そもそもどうして、ワンちゃんのシャンプーについて、目安とされる頻度にバラつきが出てくるのでしょうか?
調べていくと、シャンプーの頻度は愛犬の皮膚の状態にカギがあることが分かりました!

正しい頻度は、皮膚の状態で考える!

同じ犬種であっても、皮膚の強い子や弱い子などワンちゃんによってその個性はさまざまです。

人間でも、脂性に乾燥肌・敏感肌などタイプはそれぞれですよね。
またアトピー性皮膚炎やアレルギーといった体質も人それぞれ。
ワンちゃんでも、同じことが言えるのです。

ワンちゃんのシャンプーの頻度として、飼育本や犬情報を扱うサイトなどでよく言われるものとしては「月1~2回」ではないでしょうか。

それよりも多い回数が必要だという意見には、その頻度ではニオイが気になる場合や、散歩や排泄でよく汚すからといった理由があるようです。
皮膚疾患があれば、獣医さんから症状に対応したシャンプーの処方を受けて 3日に1度は必要、ということも珍しくはありません。

個々のワンちゃんにとって最も適切なシャンプーの頻度は、皮膚の状態や体質、生活環境によっても変わってきます。
まずはよく言われる「月1~2回」というペースで始めてみて、状態を見て調整していくことが「本当に正しい頻度」を見つけるカギになるようです。

頻度が多すぎると発生する問題とは?

頻繁にシャンプーをしていて肌トラブルに!という経験をした飼い主さんもいます。
ワンちゃんにとって「多すぎた」結果、フケが出るようになってしまったとのこと。

これは、シャンプーの回数が多すぎて必要な皮脂が洗い落とされてしまったことによるものです。
皮脂を落としすぎてしまうと、皮膚は乾燥してしまいます。
その乾燥によってフケが出るようになってしまったんですね。

いうなれば「肌荒れ」してしまった状態。
この「洗いすぎ・落としすぎ」による乾燥状態が皮膚炎を引き起こす可能性もあるようです。

「ニオイが気になる」「汚れが気になる」という理由で頻度を増やしたい場合には、シャンプー剤を使わずにお湯だけで洗い流すことをメインにして、シャンプー剤を使用する頻度は少なめにするのが良いようです。

また、使用するシャンプー剤についても、低刺激なものなどを選び、できるだけ皮膚へのダメージを避けることでトラブルを防止できるようです。

頻度が少なすぎると発生する問題とは?

洗いすぎることで皮膚トラブルの原因になるのなら、「月1~2回」という目安よりもさらに少なくしていくとどうなるのでしょうか?

少なくとも、ワンちゃん独特のニオイがきつくなってきたり、毛がボサボサになるなどしてきてしまいますよね。

それだけでなく、汚れの溜まった状態にしておくことによって皮膚病を発症してしまう危険性があります。
また、汚れた毛を舐めたりしたことで体調を崩す場合もあるようです。

犬のシャンプー、どのくらいの頻度でしてますか?

ワンちゃんのシャンプーは多すぎても少なすぎてもダメ。
目安としてよく言われる頻度は「月1~2回」。
ワンちゃんの皮膚の状態に合わせて頻度を決めていく必要がある・・・。

では、実際には飼い主さんたちはどのように見極め、どの程度の頻度で落ち着いたのでしょうか?

「マメに洗う」が正解でした

”最初はペット・ショップに聞いて1ヶ月に一度程度にしていて、何年間も慢性的に皮膚炎”
”毎日洗ってもOKとうたわれている低刺激のシャンプーを用いて一週間に一度洗うように変えてから、すっかり治り”
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10174476255
引用「Yahoo!知恵袋」

月に1回では足りず、皮膚炎に苦しんだワンちゃん。
低刺激のシャンプー剤で頻度を増やして洗うことがピッタリ合う子でした。
頻度だけでなく、シャンプー剤の影響も合わせて考えたことが正解だったようですね。

このほかにも、ハウスダストアレルギーのあるワンちゃんでは 3日に1回のシャンプーが最適な頻度だった、という飼い主さんもいました。

また、シャンプー剤選びも頻度と合わせて重要なポイントであるようです。
皮膚トラブルではなく、ニオイが気になるなどをキッカケにシャンプーの頻度を多めにしている飼い主さんの多くは、低刺激や無添加などといったポイントに着目してシャンプー剤を選んでいました。

「全身シャンプー」は少なめです

”足裏は毎朝晩、基本シャンプー液を付けて”
”お尻は基本週1。汚れにより増える。全身シャンプーは月0~2回です。汚れにより増える。”
”病院で20日に1度薬浴をして貰っていますが、質問者様と同じ様に濡れタオルで毎日全身を拭いています”

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10101937355

引用「Yahoo!知恵袋」

目安として言われる「月1~2回」の範囲の頻度だという飼い主さんも、もちろん多くいらっしゃいます。
汚れやニオイが気になる部分についてはそこだけ頻度を増やし、全身シャンプーの回数は少なめ、という方法をとっている方が多いようでした。

「全身しっかり洗う」という回数は少なくても、濡れタオルや専用のウェットティッシュのようなものでマメに拭くという方もいます。
また、愛犬とのスキンシップを兼ねて毎日時間をかけてブラッシングをしているという方があり、それだけでも汚れやニオイは気にならないという方も。

ワンちゃんの体質にもよりますが「清潔に保つ」方法は、「全身をシャンプーで洗う」という方法ひとつに限らない、ということが言えますね。

体質や生活に合わせた頻度や方法を

 

ワンちゃんのシャンプーの頻度は「月に1~2回程度」とはよく言われますが、実は多くても足りなくてもトラブルの元に。

体質や生活環境などにもより、本当に必要な頻度はそれぞれ。
いつまでもキレイで元気でいてもらうためにも、皮膚の状態に注意しながら最適な頻度を見つけてあげたいですね。

Sponsored Link





スポンサーリンク

 

関連記事